[ニュース]

オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学、100%太陽光の電力で運営へ

2018/01/17
(水)
SmartGridニューズレター編集部

オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学は、メガソーラーから15年間に渡って電力を購入する契約を締結したと発表した。

オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学(University of New South Wales)は2018年1月15日、大規模太陽光発電所(メガソーラー)から15年間に渡って電力を購入する契約を締結したと発表した。大学で消費する電力をすべて、この太陽光発電所が発電した電力でまかなえるとしている。

図 ニューサウスウェールズ大学の本部キャンパス

図 ニューサウスウェールズ大学の本部キャンパス

出所 University of New South Wales

ニューサウスウェールズ大学は、オーストラリアでメガソーラーを運営するMaoneng Australiaと、オーストラリアのエネルギー事業者であるOrigin Energyと契約を交わし、年間124GWh(1億2400万kWh)の電力を2019年から15年間購入する。その電力はMaoneng Australiaが建設中のメガソーラー「Sunraysia Solar Farm」から供給する。Origin Energyは電力を途切れさせることなく、ニューサウスウェールズ大学に送電する役目を担う。

図 Maoneng Australiaが建設中のメガソーラー「Sunraysia Solar Farm」の完成予想図

図 Maoneng Australiaが建設中のメガソーラー「Sunraysia Solar Farm」の完成予想図

出所 Maoneng Australia

Sunraysia Solar Farmは2018年末に建設を開始し、2019年第2四半期から商業運転を開始する予定。最大出力は200MW(20万kW)で、年間発電量は530GWh(5億3000万kWh)となる見込み。Sunraysia Solar Farmの商業運転開始まではOrigin Energyが電力を供給する。

ニューサウスウェールズ大学は2020年までに、大学で消費するエネルギーをすべてCO2を発生させないものに転換するという目標を掲げている。総長のIan Jacobs教授は「今回の契約では地球環境の面だけでなく、経済的にも魅力的な電力を調達できた」と語り、化石燃料で発電する電力と比べてもコスト競争力がある価格で電力を調達できたことを明かしている。


■リンク
University of New South Wales

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...