[ニュース]

NTTファシリティーズ、栃木県と広島県で建設中だったメガソーラーが運転開始

2019/02/04
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

NTTファシリティーズは、栃木県日光市と広島県東広島市にそれぞれ建設中だった大規模太陽光発電所(メガソーラー)「F日光安良沢太陽光発電所」と「F志和太陽光発電所」が完成し、運転を開始したと発表した。

NTTファシリティーズは2019年1月30日、栃木県日光市と広島県東広島市にそれぞれ建設中だった大規模太陽光発電所(メガソーラー)「F日光安良沢太陽光発電所」と「F志和太陽光発電所」が完成し、運転を開始したと発表した。どちらのメガソーラーでも建設では、NTTファシリティーズが設計と施工管理を担当し、F日光安良沢太陽光発電所では、建築工事を東武建設、電気工事をソルコムが担当した。F志和太陽光発電所では、建築工事をシンクコンストラクションが、電気工事をソルコムが担当した。完成後の運営はNTTファシリティーズが受け持つ。以上2件の太陽光発電所はNTTファシリティーズにとって84カ所目(F日光安良沢太陽光発電所)、85カ所目(F志和太陽光発電所)のメガソーラーとなる。

図 F日光安良沢太陽光発電所の全景

図 F日光安良沢太陽光発電所の全景

出所 NTTファシリティーズ

F日光安良沢太陽光発電所の所在地は栃木県日光市清滝安良沢町(きよたきあらさわまち)。古河電気工業の社有地、7万3000m2(0.73ha)を賃借して運営する。太陽光発電モジュールは中国Trina Solarの製品を1万7280枚並べ、パワーコンディショナーは富士電機の963kWの製品を2台、990kWの製品を2台採用した。

発電所の合計最大出力は約5.7MW(5702.4kW)。NTTファシリティーズは、年間発電量を約5.854GWh(約585万4000kWh)と見込んでいる。一般世帯の年間電力消費量に換算すると約1620世帯分に当たる。設備利用率を計算すると約11.7%だ。発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用して全量を東京電力エナジーパートナーに売電する。売電単価は1kWh当たり36円(税別)。

図 F志和太陽光発電所の全景

図 F志和太陽光発電所の全景

出所 NTTファシリティーズ

F志和太陽光発電所の所在地は広島県東広島市志和町内(しわちょううち)。一般の地権者から土地を賃借して運営する。敷地面積は5万5000m2(0.55ha)。このメガソーラーでは、土地の条件、造成にかかる費用、太陽光発電モジュールや架台のコスト、発電量などを検討し、モジュールを南に向けず、東西に屋根を作るような形ですき間なく並べた。これで、一般的な方法に比べて設置モジュールの合計出力をおよそ23%向上させた。太陽光発電モジュールは韓国Hanwha Q CELLSの製品を8208枚並べ、パワーコンディショナーは中国Huawei Technologiesの33.3kWの製品を57台採用した。

発電所の合計最大出力は約2.8MW(2831.76kW)。NTTファシリティーズは、年間発電量を約3.231GWh(約323万1000kWh)と見込んでいる。一般世帯の年間電力消費量に換算すると約1080世帯分に当たる。設備利用率を計算すると約13%だ。発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用して全量を中国電力に売電する。売電単価は1kWh当たり27円(税別)。


■リンク
NTTファシリティーズ(F日光安良沢太陽光発電所)
NTTファシリティーズ(F志和太陽光発電所)

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...