[ニュース]

東北電力、郡山市と共同で太陽光発電設備と定置型蓄電池をVPPとして活用する可能性を検証

2019/02/18
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

東北電力は、福島県郡山市と共同で太陽光発電設備と定置型蓄電池を遠隔制御して仮想発電所(VPP:Virtual Power Plant)として活用する可能性を検証すると発表した。

東北電力は2019年2月18日、福島県郡山市と共同で太陽光発電設備と定置型蓄電池を遠隔制御して仮想発電所(VPP:Virtual Power Plant)として活用する可能性を検証すると発表した。検証期間は2019年2月18日~2021年3月31日までのおよそ2年間。その間、郡山市立中央公民館に設置してある太陽光発電システム(最大出力52kW)と定置型蓄電池(蓄電容量55kWh)を東北電力が開発したVPPシステムで遠隔制御する。郡山市立中央公民館は、市が指定する防災拠点となっているため、VPPシステムは災害対応に必要な電力を残しながら、蓄電池からの放電などを操作する。

図 郡山市立中央公民館に設置してある太陽光発電システムと定置型蓄電池を東北電力が開発したVPPシステムで遠隔制御する

図 郡山市立中央公民館に設置してある太陽光発電システムと定置型蓄電池を東北電力が開発したVPPシステムで遠隔制御する

出所 東北電力

郡山市は、災害に強い自立分散型電源として、避難所や防災拠点となっているしないの公共施設に太陽光発電設備と定置型蓄電池を導入している。今回の検証は郡山市が方針に沿って設置した設備を利用して、太陽光発電設備と定置型蓄電池をVPPとして活用することを目的とした検証となる。

東北電力は今回の検証で、公共施設に設置してある太陽光発電設備や蓄電池をVPPとして活用できる可能性を探るとともに、蓄電池の寿命を伸ばす制御方法や、太陽光発電システムが発電した余剰電力を有効活用する方法を検証する。


■リンク
東北電力

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...