[ニュース]

NEC、米子会社が開発した法人向け定置型蓄電池を日本で発売へ

2019/02/28
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

NECは、法人向けの定置型蓄電池「DSS(Distributed Storage Solution)」を日本でも販売すると発表した。

NECは2019年2月27日、法人向けの定置型蓄電池「DSS(Distributed Storage Solution)」を日本でも販売すると発表した。販売開始は2019年度第2四半期の予定。DSSはNECの子会社であるアメリカNEC Energy Solutionsが開発し、製造販売している製品。2018年7月には、ブラジル最大手の配電業者Neoenergiaの依頼で、同国のフェルナンド・デ・ノローニャ島に納入している(参考記事

図 NECが日本国内で発売する定置型蓄電池「DSS(Distributed Storage Solution)」

図 NECが日本国内で発売する定置型蓄電池「DSS(Distributed Storage Solution)」

出所 NEC

発売する蓄電池は6種類。すべて屋外設置を想定したものだ。6製品の仕様は以下の通り。

表 日本で発売する「DSS(Distributed Storage Solution)」の基本的な仕様

蓄電容量 90kWh 180kWh 270kWh 360kW 450kWh 540kWh
出力(50Hz地域仕様) 30kW 60kW 90kW 120kW 150kW 180kW
出力(60Hz地域仕様) 40kW 80kW 120kW 160kW 200kW 240kW

出所 NEC

日本国内での発売に至った事情として、ピークカットやピークシフトによる電力コスト削減や、太陽光発電システムによる電力の自家消費や売電益拡大など、定置型蓄電池による効果に、日本の企業や団体からの期待が集まりつつある点を挙げる。

災害時や停電時の非常用電源としての期待も高まっているほか、分散した小規模な発電設備や蓄電設備を仮想的な発電所として扱うVPP(Virtual Power Plant)構築に向けた定置型蓄電池の需要も高まっている。


■リンク
NEC

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...