[ニュース]

東京急行電鉄、世田谷線を100%再エネで運行開始ー日本初の快挙

2019/03/25
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

東京急行電鉄は、同社が運行する路面電車「世田谷線」を、水力と地熱で発電した電力のみで運行すると発表した。

東京急行電鉄は2019年3月25日、同社が運行する路面電車「世田谷線」を、水力と地熱で発電した電力のみで運行すると発表した。同日から開始する。東急パワーサプライが取り次ぎ役となって、東北電力から水力と地熱のみで発電した電力を調達し、世田谷線に供給する。再生可能エネルギー100%の電力で通年、全列車を運行するのは日本初の例になる。従来、世田谷線は1年間の運行で1263トンのCO2を排出していたが、これがゼロになる。

図 東京急行電鉄が運行する「世田谷線」

図 東京急行電鉄が運行する「世田谷線」

出所 東京急行電鉄

世田谷線を再エネ電力で運行する範囲は、本線での運行と車庫内での移動。世田谷線での電力消費量実績と、再エネ電力を供給する水力、地熱発電所の発電電力量実績を確認して、全時間帯で世田谷線の消費電力量全量が再エネ電力であると証明する。

世田谷線は三軒茶屋駅(東京都世田谷区、田園都市線と乗り換え)から、下高井戸駅(東京都世田谷区、京王線と乗り換え)の間、およそ5km、10駅を南北に走る路面電車。1日の平均輸送人員は5万7541人(2017年実績)。


■リンク
東京急行電鉄
東北電力
東急パワーサプライ

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...