[ニュース]

T-Mobile USA、2021年までに100%再エネ電力に転換へ―RE100にも加盟

2018/01/30
(火)
SmartGridニューズレター編集部

T-Mobile USAは、2021年までに同社で消費する電力を100%再生可能エネルギー由来のものに転換すると発表した。

T-Mobile USAは2018年1月29日(アメリカ西海岸時間)、2021年までに同社で消費する電力を100%再生可能エネルギー由来のものに転換すると発表した。再生可能エネルギーのみで事業を運営することを目指す世界的な企業連合「RE100」にも参加した。

図 発表文に添えられていたロゴマーク

図 発表文に添えられていたロゴマーク

出所 T-Mobile USA

加えてT-Mobile USAは、風力発電所の電力を購入することを明らかにした。カリフォルニア州の再生可能エネルギー事業者であるInfinity Renewablesから160MW(16万kW)分の電力を15年間購入する契約を交わした。この電力は、Infinity Renewablesがカンサス州に建設中の風力発電所「Solomon Forks Wind Project」から送る。この発電所は2019年始めに商業運転を開始する予定だ。

T-Mobile USAのCEOであるJohn Legere氏は今回の発表について「私たちはいつも顧客の利益を考えて行動している。今回の発表もその一環だ。しかも、風力発電所から電力を購入することで、我が社の事業にも良い影響が現れている。電力にかかるコストを今後15年間でおよそ1億ドル(109億円:1ドル=109円で換算)見込みだ」と、再生可能エネルギーへの転換が価格競争力のある電源の確保につながったことをアピールしている。

図 T-Mobile USAのCEOであるJohn Legere氏

図 T-Mobile USAのCEOであるJohn Legere氏

出所 T-Mobile USA

今回の電力購入契約はT-Mobile USAにとって初めてのものではない。2017年にイタリアEnel Green Powerから320MW(32万kW)の電力を購入する契約を締結している。この電力は同社がオクラホマ州で運営しているRed Dirt Wind Projectから供給を受けている。発電所は2017年12月に運転を開始している。

T-Mobile USAは今回発表した目標達成に向けて、ほかの風力発電所と電力購入契約を締結していくとしている。


■リンク
T-Mobile USA

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...