[クローズアップ]

神奈川工科大学にHEMS(ECHONET Lite)認証支援センターが開設!

─スマートハウスの普及に向けて、開発支援キットの無償提供も─
2013/01/01
(火)

経済産業省は、「スマートハウス国際標準化研究事業」の一環として、2012年11月21日、神奈川工科大学に「HEMS(ECHONET Lite)認証支援センター」を開設した。これは、先の同月1 日に早稲田大学に開設された「EMS 新宿実証センター」に次ぐ国の事業であり、政府が認定したECHONET Lite 標準をベースとするHEMS の、本格的な普及に向けて期待が高まっている。なお、このセンターの利用は、エコーネットコンソーシアムの会員であることが前提となっている。

写真1 一色正男教授(神奈川工科大学 スマートハウス研究センター所長、同大学 創造工学部 ホームエレクトロニクス開発学科 教授)

写真1  一色正男教授(神奈川工科大学 スマートハウス研究センター所長、同大学 創造工学部 ホームエレクトロニクス開発学科 教授)

一般に、機器を相互接続する試験の場合は、メーカーがそれぞれ開発した機器を持ち込んで相互接続試験を行う、いわゆる「プラグフェスタ」(Plugfesta)と呼ばれるイベントが開催されるが、新しく開設されたHEMS認証支援センターでは、標準器を設置して相互接続試験を手軽に行う仕組みとなっている。

HEMS機器認証システムによる試験

同センターの責任者である、神奈川工科大学スマートハウス研究センター所長の一色正男教授(写真1、2)は「このセンターは、基本的に機器がECHONET Lite仕様に従って動くかどうかを評価するためのセンターです。このため、認証したい機器をこのセンターに持ち込んでいただいて、試験していただくことになります」と述べた。同センター1階の試験室に並べられた4台のパソコン(PC、写真3)で構成される「HEMS(ECHONET Lite)機器認証システム」での試験は、次のように行われる。

(1)一番左側の機器側PCに、例えば認証したいECHONET Lite対応のエアコンなどの機器を設置する。

(2)次の2台目のコントローラPC(自動テストツール)には、マスターとなるECHONET Liteの標準プログラムが搭載されている。このコントローラPCと、機器側PCに持ち込まれた「エアコン」との間で通信し、データのやり取りが行われる。

(3)(2)の内容(パケット)を、次(3台目)のパケットキャプチャPCに、ログ(記録)として残しておく。

(4)試験が完了しOKだと判定されると、一番右にある試験端末PCの中にある、エコーネットコンソーシアム作成の約150項目に及ぶ試験項目チェック表の各項目の中に、合格の「○印」が付けられる。

(5)合格した内容を、認定された認証機関注1に書類申請することによって、正式に認証される。

この認証試験に要する時間は、機器のセッティングも含めて半日〜1日程度である。本来は、センターが試験料金を取るべき作業であるが、現在はスマートハウスの普及期であることや、政府からの補助金もあるため、今後2年間は無料で利用できることなっている注2

さらに、一色教授は、「現在、さらなる普及に向けて、ECHONET Liteに関する無料の開発支援キットを開発し、2012年12月から提供していく予定です。この開発支援キットは、ECHONET Liteを搭載する機器開発の経験がない事業者に対して提供される、HEMS開発支援を目的とするソフトウェアです」と抱負を語った。

写真2 神奈川工科大学の敷地内に設置されたHEMS 認証支援センター

写真2  神奈川工科大学の敷地内に設置されたHEMS 認証支援センター

写真3 HEMS(ECHONET Lite)機器認証システム〔左から機器側PC、コントローラPC(自動テストツール)、パケットキャプチャPC、試験端末PC〕

写真3  HEMS(ECHONET Lite)機器認証システム〔左から機器側PC、コントローラPC(自動テストツール)、パケットキャプチャPC、試験端末PC〕


▼ 注1
希望する認定認証機関の下記Webサイトにて申請必要資料をダウンロードし、その認証機関へ直接申請する。
■ 株式会社UL Japan
http://www.ul.com/japan/eng/pages/services/emc/certification/echonet/
■ 株式会社シーイーシー
http://www.proveq.jp/certification/echonet.html

▼ 注2
エコーネットコンソーシアム、『ECHONET Lite規格適合性認証(自己認証)申請の概要─ECHONETLite規格Ver.1.0*用 第2版」、2012年11月13日
http://www.echonet.gr.jp/kikaku_ninsyo/pdf/application_ECHONET_Lite.pdf

ページ

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...