[標準化動向]

急拡大するM2M市場!3GPPにおけるMTC(M2M)デバイスの標準化完了へ

2014/03/01
(土)
SmartGridニューズレター編集部

「M2M」(Machine to Machine)通信に関して、移動通信システムの国際標準化団体である「3GPP」(スリージーピーピー)では「MTC」(Machine Type Communication)という名称で標準化が行われている。このMTC デバイスの標準化は、間もなく(2014年9月)標準技術仕様書「リリース12」が完了する。ここでは、2014年2月に発表されたシスコシステムズのモバイルデータ予測「Cisco Visual Networking Index(VNI)」で紹介されたM2M市場の最新動向を見ながら、その標準化動向を解説する。なお、本記事は、クアルコム ジャパン プリンシパルエンジニア 北添正人(きたぞえ まさと)氏への取材をもとにまとめたものである。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...