[トピックス]

ネガワット取引市場の創設に向けて需要家向け「DRハンドブック」が公開

2017/02/05
(日)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

 経済産業省は、VPP(仮想発電所)構築の実証事業として、すでに7個のVPP実証事業と19個のDR(デマンドレスポンス、電力の需給制御)実証事業をスタートさせているが、その第1次(2016年度)の実証結果が2017年3月にまとまる予定である。

 経済産業省は、VPP(仮想発電所)構築の実証事業として、すでに7個のVPP実証事業と19個のDR(デマンドレスポンス、電力の需給制御)実証事業をスタートさせているが、その第1次(2016年度)の実証結果が2017年3月にまとまる予定である。これらを背景に、今後のDRの普及に向けて、『ディマンドリスポンス(ネガワット取引)ハンドブック』が作成され、2016年12月28日に公開された注1

 DRとは、電気の需要量と発電量(供給量)のバランスをとり、制御する取り組みである(図注2)。特にアグリゲータを介しての需要抑制量(ネガワット)取引は、平成29(2017)年4月1日からネガワット取引市場が創設されることもあって、今後の普及が期待されている。しかし、この実施にあたっては、実際に需要量の制御を行う需要家の協力が必要不可欠となることから、主に需要家向けにネガワット取引の仕組みやその参加方法などをまとめハンドブックとして作成された。

図 ディマンドリスポンス(DR)の種類(需要制御の種類)

図 ディマンドリスポンス(DR)の種類(需要制御の種類)

出所 http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161228004/20161228004-1.pdf


注1 http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161228004/20161228004.html
http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161228004/20161228004-1.pdf

注2 需要制御には、「上げDR、上げ下げDR、下げDR」などの種類がある。ハンドブックでは「下げDR」が主な対象となっている。

関連記事
新刊情報
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...