[トピックス]

福島沖の洋上風力実証研究事業の報告書を発表!

2018/09/01
(土)
SmartGridニューズレター編集部

 東日本大震災からの福島県浜通りの地域経済の復興の一環として、2011年度からスタートした「福島沖での浮体式洋上風力発電システの実証研究事業」〔平成23(2011)年度〜平成30(2018)年度)」が最終年度を迎え、2018年8月24日、同事業を総括し整理した報告書を発表した。

 東日本大震災からの福島県浜通りの地域経済の復興の一環として、2011年度からスタートした「福島沖での浮体式洋上風力発電システの実証研究事業」〔平成23(2011)年度〜平成30(2018)年度)」が最終年度を迎え、2018年8月24日、同事業を総括し整理した報告書を発表した。同事業は、福島洋上風力コンソーシアムが委託を受けて、福島県沖合約20kmの海上で実施されてきた(写真)ものだが、得られた成果を客観的に総括することを目的に、同コンソーシアムとは独立した立場で組織された総括委員会で評価され、報告書として公表した。

写真 福島洋上風力コンソーシアムによる実証研究

写真 福島洋上風力コンソーシアムによる実証研究

出所 http://www.fukushima-forward.jp/movie03.html

 実証研究事業では、①浮体式初の複数基によるウィンドファームの実証、②世界最大級の風車(7MW)の浮体への搭載と実証海域への設置、③浮体式の洋上変電所の設置など、3つの世界初の取り組みに、国際的に見ても画期的な実証研究事業である。

 表に、実証研究事業の風車の概要を示すが、2MW、5MW、7MWの3基(計14MW)の風車に加えて、洋上変電所1基の合計4基を設置して実証研究された。検証結果では、浮体式洋上風力発電システム全体の安全性、信頼性、経済性については、初期の目的を達成していると結論づけられている。

 今回の実証研究事業は、日本にとっては浮体式洋上風力発電が再生可能エネルギーの主力電源化に向けて重要な成果を上げているところから、今後、これらをもとにしたビジネスモデルなどを確立し、福島沖だけでなく日本市場への導入を促進するとともに、海外市場への輸出拡大に向けた積極的な展開が期待されている(関連記事:本誌今月号特集記事を参照)。

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...