[トピックス]

中国電力とIBM、ブロックチェーンを活用したP2P電力取引の実証を開始

2019/06/07
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

中国電力は、2019年4月25日、日本アイ・ビー・エム(IBM)と、再エネ電気を顧客(需要家)間で融通するP2P電力取引システムの実証試験を開始した

 2019年11月以降、再エネのFIT(固定価格買取制度)に基づく買取期間が順次満了となることを受け、需要家は蓄電池の活用などによって自家消費することや、自ら選択した事業者に再エネ電気を販売することが可能となる。また、再エネなどの分散型電源や蓄電池の普及拡大に伴い、将来的には個人や企業間で電力取引が行われる可能性がある。

 同社は、このような電力取引記録の信頼性とシステムの可用性などに優れているブロックチェーン技術を活用した、P2P電力取引システム(顧客が電力あるいは価値を直接やり取りする取引システム)について実証試験を行う。

 図に示すように、同実証試験では,ビジネス向けのブロックチェーン基盤技術を活用したシステムをIBMクラウド上に構築し、太陽光発電による再エネ電気を、供給する顧客と購入を希望する顧客同士をマッチングする、模擬的な電力の取引を行う。実際に計量された太陽光発電量および電力消費量を模擬データとして使用し、ブロックチェーン技術の適応性や新たなサービス成立の可能性を検証する。

図 中国電力とIBMのP2P電力取引に関する実証試験

図 中国電力とIBMのP2P電力取引に関する実証試験

<取引成立の流れ>①高値の買い札から順に約定(契約。30分単位)⇒ ②再エネ電気を供給する顧客の約定量は供給量に比例して配分⇒ ③ブロックチェーン上に取引結果を記録
出所 http://www.energia.co.jp/assets/press/2019/p190425-1a.pdf

 中国電力は、同実証を通して、ブロックチェーン技術の適用に関する知見を獲得するとともに、デジタル化技術を活用し電気事業のイノベーションや地域の課題解決につながる、新たなビジネスモデルの検討などを行っていく。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...