[動き出したNetwork 2030の取り組みと全体像]

動き出したNetwork 2030の取り組みと全体像《後編》

― 7つの代表的なユースケースと「ホログラフィック通信」「触覚通信」「デジタルツイン」 ―
2020/07/11
(土)
新井 宏征 株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役社長

本誌6月号の前編では、ITU-T(国際電気通信連合の電気通信標準化部門)が、2030年以降の新しいネットワークの姿を考える「Network 2030」の検討を「FG NET-2030」(注1)で開始したことについて解説し、Network 2030のサービス分類には、基盤サービスと複合サービスの2種類があり、それぞれ表1のようなサービスを想定していることを紹介した。
今回は、Network 2030の代表的なユースケースを整理しながら、ホログラフィック通信や医療の遠隔手術などが実現可能な触覚通信、デジタルツインを活用したデジタルツインシティなどを紹介する。

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...