[特別レポート]

[インテル エネルギーフォーラム2020レポート]インテルが推進するDcX戦略

― 「2025年の崖」を超え、攻めのビジネスを ―
2020/08/06
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

インテルは、2020年7月22日、「繋ぐ」(TSUNAGU)をテーマに、第6回「インテル エネルギーフォーラム2020」をオンラインイベントで開催した。同フォーラムでは、電力関連企業をはじめ、多様な業種の企業による講演などが行われた。
ここでは、インテル株式会社 代表取締役社長 鈴木 国正(すずき くにまさ)氏のオープニングメッセージを中心に、インテルが推進するDcX(データセントリックトランスフォーメーション)戦略をレポートする。

データセントリック時代の新たな課題

写真 インテル株式会社 代表取締役社長 鈴木 国正(すずき くにまさ)氏

写真 インテル株式会社 代表取締役社長 鈴木 国正(すずき くにまさ)氏

出所 「インテル エネルギーフォーラム2020」(2020年7月22日)、オンラインセミナーより

〔1〕データ・デバイドをいかに解決するか

 インテルの鈴木社長(写真)は、冒頭で図1を示し、「我々は、今、どこにいるか?」という問いかけとともに、今後、データセントリック時代の新しい課題となる「データ・デバイド」注1に注目し、その解決に向けた重要性を述べた。

 データセントリック時代とは、大量に発生する膨大なデータを中心(センター)に据えて賢く利用し、攻めのビジネスを展開する時代を意味している。

 データ・デバイドとは、大量なIT機器の接続と、それらから発生する大量なデータをAIなどを駆使して、「効果的に利用できる企業」と「そうでない企業」との間に生じる、大きな「データ利用の格差」を意味する。この格差をいかに解消していくかが、今日の企業の新たな課題となってきている。

図1 「データ・デバイド」(データ利用の格差)をいかに縮小するか

図1 「データ・デバイド」(データ利用の格差)をいかに縮小するか

出所 インテル株式会社 代表取締役社長 鈴木 国正、「インテル エネルギーフォーラム2020開会の挨拶」、2020年7月22日

〔2〕2025年の崖

 図1の上部に示す、IT機器の接続数と世界のデータ量は、最近のデータの爆発的増加を象徴的に示している。現在、全世界でインターネットに接続されている機器の総数は1,500億台にのぼり、世界に流通しているデータ量は175ゼタバイト(Zetta Bytes)注2にも達している。

 そのデータの約半数はIoTからのデータであり、特に最近では、5Gなどをベースにしたデータである。このデータの伸びは、今後も年平均成長率(CAGR:Compound Average Growth Rate)25%の割合で、継続的に増加していく。

 一方、経済産業省が2018年9月に発表した「DX注3レポート」(表1)によると、日本企業は「基幹情報システム」の革新が遅れているため、基幹情報システムの限界から、国際的なデジタル競争についていけず、今後、多くの企業が「2025年の崖」(2025 Digital Cliff)から落ちてしまう、という深刻な事態が予測されている。

表1 「2025年の崖」(2025 Digital Cliff)と主な課題

表1 「2025年の崖」(2025 Digital Cliff)と主な課題

出所 経済産業省、『DXレポート〜ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開〜(サマリー)』(2018年9月7日)をもとに編集部で作成

 この「2025年の崖」こそが、今課題となってきている「データ・デバイド」なのである。


▼ 注1
データ・デバイド(データ利用の格差)は、デジタル・デバイド(Digital Devide)と対比される用語。デジタル・デバイドは、1990年代後半に登場した「情報格差」を示す用語。コンピュータやインターネットなどの情報技術(IT)を活用できる人(企業)と、そうでない人(企業)との間に生じる、貧富やビジネス上の競争力の格差などを意味する。

▼ 注2
ゼタバイト:Zetta Bytes(ZB)。データ量を表す単位で、1021バイトの大きさのデータ単位のこと。例えば、ギガバイト(GB)は109バイト、テラバイト(TB)は1012バイト、ペタバイト(PB)は1015バイト、エクサバイト(EB)は1018バイト。EBの次の単位がZBであり、かなり大きいデータ量であることがわかる。

▼ 注3
DX:Digital Transformation、デジタル技術による企業変革。企業の将来の成長や競争力強化のために、デジタル技術を活用して新しいビジネスモデルを創出し、柔軟に対応できる基幹情報システムを革新して構築すること。

ページ

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...