[クローズアップ]

4つのスーパーパワーで実現するインテルのDcX戦略

― 「INTEL ENERGY FORUM 2021」レポート ―
2021/08/01
(日)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

2021年7月7〜8日の2日間に渡り、インテルは、「INTEL ENERGY FORUM 2021」をオンラインで開催した。イベントでは、エネルギー業界および業種を越えたデータ活用、新規ビジネスの創出や最重要課題であるカーボン・ニュートラルに向けた取り組みや、今後の展望など多彩なテーマで講演が行われた。
ここでは、インテル株式会社 代表取締役社長 鈴木 国正(すずき くにまさ)氏(写真)の講演を中心にレポートする。同時に、インテルのサステナビリティ(持続可能性)への取り組みも紹介する。

破壊的イノベーションを起こす4つのスーパーパワー

写真 INTEL ENERGY FORUM 2021で開会の挨拶をするインテル株式会社の鈴木 国正 代表取締役社長

写真 INTEL ENERGY FORUM 2021で開会の挨拶をするインテル株式会社の鈴木 国正 代表取締役社長

出所 INTEL ENERGY FORUM 2021(オンライン開催、2021年7月7日)、開会の挨拶より

 冒頭、鈴木氏は、現在日本が直面している、長期化するコロナ禍で顕在化したデジタル化への遅れや、脱炭素化、持続可能なエネルギーの普及、大規模自然災害への備え、クローバルサプライチェーンリスク、サイバー攻撃など、さまざまな課題に触れた。中でも「デジタル化への遅れは、とても重いものになっている」と述べた。

 インテルでは、図1に示す、クラウド、コネクティビティ(5Gやその先)、AI(人工知能)、インテリジェントエッジなどの技術トレンドを4つスーパーパワーと呼んでいる。これらは、デジタル化を大きく進展させるドライビングフォースとなっている。鈴木氏は、「これらが今後もさまざまな分野で、破壊的なイノベーションを起こす」と語った。

 例えば電力エネルギー事業では、EVや他の事業と連携して、社会インフラを統合的に担うUtility 3.0という形態に向かうためには、スーパーパワーが必要不可欠な技術領域になる。さらに、日本の多くの社会課題に対しては、スーパーパワーによってソリューションを創出できるという期待感が、産業界や公的機関にもある。

図1 破壊的イノベーションを起こす4つのスーパーパワー

図1 破壊的イノベーションを起こす4つのスーパーパワー

出所 INTEL ENERGY FORUM 2021(オンライン開催、2021年7月7日)、開会の挨拶より

インテルが取り組む技術革新領域

 データをいかに利活用していくかは、企業や業種を超えて大きな課題となっている。 インテルでは、データの価値を中心に据えたDcX(データ・セントリック・トランスフォーメーション)を戦略として、データ中心の技術力や開発投資を継続的に行っている。

 図2は、インテルが取り組む技術革新領域である。

図2 インテルが取り組むデータの民主化と技術革新領域

図2 インテルが取り組むデータの民主化と技術革新領域

出所 INTEL ENERGY FORUM 2021(オンライン開催、2021年7月7日)、開会の挨拶より

 1つは、IOWN(アイオン)グローバルフォーラム次世代ネットワーク注1である。

 このままデータ量が爆発的に増え続けると、今後10年間で現在のネットワークは限界に達する。そこで、光と電気を融合させた革新的な技術開発「光電融合」を進め、超低遅延で高速なネットワークを2030年までに実現させる。

 2つ目は、サステナビリティ(持続可能性)のためのカーボンニュートラル・コンピューティングの実現である。インテルでは大型データセンターにおいて、特に冷却のための電力消費が多い。電力をカーボンフリー電力にすることに加えて、低消費電力化に向けた取り組みを、クラウドサービス・プロバイダと進めていく。

 3つ目は、「連合学習」注2を活用したデータセキュリティの強化である。ハード/ソフトの両局面からアプローチできる、インテルならではの活動として力を入れてセキュリティを強化し、データの企業間連携を促進していく。


▼ 注1
IOWN:Innovative Optical & Wireless Network。スマートな世界を実現する、最先端の光関連技術および情報処理技術を活用した未来のコミュニケーション基盤。NTT、ソニー、インテルが2019年10月31日に立ち上げた業界フォーラム。

▼ 注2
連合学習:分散コンピューティングが進む中、データを共有せずに、分散した状態で機械学習を行う手法。2017年にグーグルが提唱した。学習モデルのみを取り扱うことで、データの保護を行うという考え方。

ページ

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...