[トピックス]

NEDOが「水素に関する実証研究事業」に着手!

2021/09/06
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

NEDOは、2021年8月26日、「2050年カーボンニュートラル」の実現を目指して、脱炭素実現に必要な2次エネルギーとして期待される「水素に関する11テーマの実証研究事業」に着手すると発表した。

 NEDOは、2021年8月26日、「2050年カーボンニュートラル」の実現を目指して、脱炭素実現に必要な2次エネルギーとして期待される「水素に関する11テーマの実証研究事業」に着手すると発表した注1。この事業は、総額2兆円のグリーンイノベーション基金事業の一環として実施されるもので、今回がその第1号案件となる(表)。

表 水素に関する11テーマの実証研究事業の内容

表 水素に関する11テーマの実証研究事業の内容

出所 NEDOの発表資料をもとに編集部で作成

 この実証研究事業を通じて、商用水素サプライチェーンの構築を見通す技術の確立を目指すほか、余剰再エネ電力を水素に変えて、熱需要の脱炭素化や基礎化学品の製造などで活用する「Power to X」注2の実現を目指す。

 さらに、水素の需給創出による好循環を構築し、自立的な水素の普及拡大や社会実装を促進する注3


注1 https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101471.html

注2 Power to X:再エネ由来の電力(Power)で水を電気分解し、製造された水素を化石燃料や原料など(X)の代替のために活用する技術

注3 実施予定先一覧および事業概要資料は下記を参照。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...