[トピックス]

IEAが「再エネ市場の最新情報-2022年5月」を発表!

2022/06/12
(日)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

 COVID-19のパンデミックとロシアのウクライナ侵攻の影響による、天然ガス・石炭等の高騰、それに伴う電力料金の高騰が進行する世界的なエネルギー危機の中、IEA(国際エネルギー機関)は、『再生可能エネルギー市場の最新情報 ―2022年5月 =2022年と2023年の見通し=』(全28ページ)(注1)を発表した。

 COVID-19のパンデミックとロシアのウクライナ侵攻の影響による、天然ガス・石炭等の高騰、それに伴う電力料金の高騰が進行する世界的なエネルギー危機の中、IEA(国際エネルギー機関)は、『再生可能エネルギー市場の最新情報 ―2022年5月 =2022年と2023年の見通し=』(全28ページ)注1を発表した。

 同レポート(図)では、国際的にエネルギー市場が混乱する中にもかかわらず、再生可能エネルギー(以下、再エネ)による電力は、2022年にはさらに世界記録を更新すると予測している。

図 各再エネ発電の普及容量の推移(2019〜2021年)と同レポートの表紙

図 各再エネ発電の普及容量の推移(2019〜2021年)と同レポートの表紙

出所 Renewable Energy Market Update Outlook for 2022 and 2023の5ページ、
https://iea.blob.core.windows.net/assets/d6a7300d-7919-4136-b73a-3541c33f8bd7/RenewableEnergyMarketUpdate2022.pdf
https://www.iea.org/reports/renewable-energy-market-update-may-2022/renewable-electricity

 このレポートの主なハイライトは次の通り。

  1. COVID-19のパンデミックによって生じている原材料などの記録的な高騰にもかかわらず、2021年の年間の再エネ発電容量は約295GWと、6%も増加(294.1GW÷276.6GW=1.06)した。
  2. 太陽光発電と風力発電のコストは、発電関連の製品価格や運賃などの上昇によって、2022年と2023年はパンデミック前のレベルよりも高いコストのまま推移すると予想されるが、天然ガスや石炭などの価格が大幅に上昇しているため、実際には再エネの競争力は向上している。
  3. 再生エネ発電容量は、2022年にはさらに8%以上も増加し、約320GW(≒294.1GW×1.08)に達すると予想されている。これは、ドイツの電力需要全体をカバーできる発電量、あるいは欧州連合の天然ガスからの総発電量に匹敵する量に相当する。
  4. 2022年と2023年における世界の再エネ発電は、(米国が下方修正を行っているにもかかわらず)引き続き増加が予測されているが、これは中国や欧州連合、ラテンアメリカなどの強力な上方修正が大きく貢献している。特に太陽光発電は、2023年に200GWに達する勢いである。
  5. 洋上風力発電は、2022年末に中国が欧州を上回り、世界最大の市場となる。

注1 https://iea.blob.core.windows.net/assets/d6a7300d-7919-4136-b73a-3541c33f8bd7/RenewableEnergyMarketUpdate2022.pdf

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...