[特集]

【第9回 IEA Windセミナーレポート】風力発電の大量導入時のエネルギーシステム

― 重要な「柔軟性」(フレキシビリティ)という指標 ―
2021/03/07
(日)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

日本政府は、2020年7月、「洋上風力の産業競争力強化に向けた官民協議会」を設立した。同協議会の第2回会議では、洋上風力産業ビジョン(第1次案)を策定し、洋上風力に関して、2030年までに1,000万kW(10GW)、2040年までに最大4,500万kW(45GW)の導入目標を発表した(注1)。このため、日本の「2050年カーボンニュートラル(CO2排出実質ゼロ)」の実現に向けて、洋上風力発電ビジネスへの期待が高まっている。そのような中、2021年2月16日、国際エネルギー機関(IEA)の下にある「IEA Wind国内委員会」と「NEDO」(注2)の共催で、「第9回 IEA Windセミナー」が開催された(表1)。
ここでは、同セミナーの講演から、主に、IEA(国際エネルギー機関)およびIEA Wind国内委員会の活動内容と、風力発電を大量導入した場合のエネルギーシステム(電力系統)への影響についてレポートする。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...