[ニュース]

Siemens Gamesa、2022年運転開始予定の世界最大の洋上風力発電所に発電設備を供給へ

2018/02/14
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Siemens Gamesa Renewable Energyは、デンマークØrsted(エルステッド)から、同社が計画している洋上風力発電所向けの発電設備を受注したと発表した。

Siemens Gamesa Renewable Energyは2018年2月14日(西ヨーロッパ時間)、デンマークØrsted(エルステッド)から、同社が計画している洋上風力発電所「Hornsea Project Two」向けの発電設備を受注したと発表した。Hornsea Project Twoは、2月1日にイングランドの北海沖で建設が始まった「Hornsea Project One」(参考記事)に隣接する位置に建設予定で、2022年に運転開始の予定。

図 Ørstedが運営する洋上風力発電所

図 Ørstedが運営する洋上風力発電所

出所 Ørsted

Siemens Gamesa Renewable EnergyはHornsea Project Two向けに、風力発電設備「SG 8.0-167 DD」を供給する。1基当たりの最大出力は8MW(8000kW)。Hornsea Project Twoの合計出力が約1.386GW(約138万6000kW)となっていることから考えると、少なくとも174基を供給する計算になる。

Ørstedは、Hornsea Project Twoの年間発電量について、イギリスの一般世帯の電力消費量にして130万世帯以上になると見ている。World Energy Council(世界エネルギー会議)の2014年の調査によると、イギリスにおける1世帯当たりの年間電力消費量は平均で3941kWh。この数字をそのまま当てはめると、年間発電量は5.123TWh(51億2330万kWh)以上ということになる。設備利用率を計算するとだいたい42%程度になる。Hornsea Project Twoは2022年に運転開始の予定。2020年に運転を開始するHornsea Project One(最大出力は約1.218GW)を超えて、世界最大の洋上風力発電所となる。

Ørstedは現在、Hornsea Project Twoに続いて「Hornsea Project Three」の建設の検討を始めているという。イングランドの北海沖に建設中のHornsea Project Oneに隣接する場所に建設予定で、最大出力は2.4GW(240万kW)で、年間発電量はイギリスの一般世帯の電力消費量にして200万世帯以上になる予定。前出のWorld Energy Councilのデータから計算すると、年間発電量は7.882TWh(78億8200万kW)に達する。2020年に建設を始めて、2025年に運転を開始する計画となっている。

ちなみにØrsted(当時DONG Energy)は、2015年3月にHornsea Project OneでドイツSiemensの風力発電設備を採用すると発表している。その後SiemensがスペインGamesaを買収して、自社の風力発電部門と統合し、2017年4月からSiemens Gamesa Renewable Energyとして活動している。結果として、Hornsea Project Oneに続いてHornsea Project Twoも、Siemens Gamesa Renewable Energyの発電設備を設置することになった。


■リンク
Siemens Gamesa Renewable Energy
Ørsted

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...