[ニュース]

NEC、電力小売事業者向けに顧客情報管理機能や電力の需給管理機能を提供するクラウドサービスを発売

2015/11/12
(木)
SmartGridニューズレター編集部

2015年11月12日、日本電気株式会社(以下:NEC、東京都港区、執行役員社長:遠藤 信博)は、中小規模の需要家※1数を見込む電力小売事業者向けのクラウドサービスとして、顧客情報管理や電気料金計算などの機能を提供する「需要家情報管理クラウド」、電力の需給管理機能を提供する「電力需給管理システム」を発売することを発表した。

同サービスは、需要家数に応じて月額課金されるクラウドサービスであるため、将来の事業拡大を見込んだ小規模な事業開始や、ビジネス機会を捉えた迅速なシステム導入が可能となる。

「需要家情報管理クラウド」は、電力小売事業者に必要な顧客情報管理や電気料金計算などの機能を提供する。

「電力需給管理システム」は、電力の需給量を迅速に把握する需給バランス監視機能や需要予測支援機能などを提供する。

これらにより、電力小売事業者が必要な機能を一括提供することが可能で、電力小売事業者の迅速な事業開始・コスト最適化に貢献する。

特徴
各サービスは、クラウドサービスであるため、短期間でのシステム導入、事業拡大に応じた柔軟かつ迅速なシステム拡張、運用コストの最適化を可能にする。それぞれの機能の特長は以下のとおり。

  1. 需要家情報管理クラウド
    電力事業者に必要な顧客情報管理や、電気料金計算を含む請求・入金管理、需要家が料金確認や料金プランを変更可能なマイページといった機能などを一括提供する。また、電力需給管理システムや既存の請求システムといった他システムとの連携機能もオプションにて柔軟に対応する。
     
  2. 電力需給管理システム
    30分間での電力需給総量の一致を義務付ける「計画値同時同量制度」に対応するために、電力供給エリアにおける電力需給予定と実績を一画面で把握可能な需給バランス監視機能や、スポット市場※2や1時間前市場※3での入札を可能とする機能を提供する。また、需要家毎、需要家グループごとの予測値を作成できる需要予測支援機能などにより、電力小売事業者の事業安定化に貢献する。

◆販売価格、提供開始時期

製品名 販売価格(税別) 提供開始時期
需要家情報管理クラウド 月額30万円~ 2016年4月
電力需要管理システム 個別見積 2016年4月

NECでは、電力システム改革向けビジネス参入事業者用に電力サプライヤソリューションを提供し、電力自由化によりもたらされる様々な新ビジネス事業者をサポートしていく。


※1 電気の供給を必要とし、供給を受けて使用している利用者。

※2 日本卸電力取引所(JEPX)が扱う短期の電力取引市場のうち、実需給の1日前まで取引可能な電力市場。

※3 日本卸電力取引所(JEPX)が扱う短期の電力取引市場のうち、実需給の1時間前まで取引可能な市場として2016年に導入される電力市場。

■リンク
NEC

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...