[ニュース]

KDDI、LoRaWANの実証用ネットワークに向けたパッケージを提供へ

2016/12/27
(火)
SmartGridニューズレター編集部

KDDIは、IoT向け通信規格LoRaWANの実証用ネットワーク構築に向けたパッケージ「LoRa PoCキット」を発表した。

KDDIは2016年12月27日、IoT向け通信規格LoRaWANの実証用ネットワーク構築に向けたパッケージ「LoRa PoCキット」を発表した。2017年1月から提供開始の予定。このパッケージを使えば、自社で計画しているIoTサービスの通信のために利用するLoRaWANネットワークを短期間で構築できる。

このパッケージの利用を希望する企業から依頼を受けたら、KDDIはエンジニアを派遣して顧客が希望する場所にLoRaWANのゲートウェイを設置し、ゲートウェイをインターネットにつながるルーターとEthernetケーブルで接続する。このケーブルは顧客の要望に応じて設置場所を決められる。希望があれば地下を通すこともできる。

LoRaWANゲートウェイとつながるルーターは、KDDIのIoT向け無線通信サービス「KDDI IoT コネクト Air」を利用してインターネットに接続し、クラウド上にある管理サーバーと通信する。KDDI IoTコネクト Airは、ソラコムとKDDIが共同で開発した、IoT向けの低価格で利用できる通信サービスだ。

図 「LoRa PoCキット」を利用することで構築できるネットワークの構成

図 「LoRa PoCキット」を利用することで構築できるネットワークの構成

出所 KDDI

このパッケージを利用する企業は管理サーバーと接続したサーバーにアプリケーションを構築して、IoT向けサービスを構築することができる。KDDIはアプリケーションサーバーの開発も支援する。

パッケージの提供価格は120万円(税別)。LoRaWANゲートウェイ(屋内用、屋外用のいずれか1台)、LoRaWAN端末10台に加えて、KDDI IoTコネクト Airでインターネットに接続するルーター1台を提供する。これに、KDDI IoTコネクト Airの通信費6カ月分、LoRaWANゲートウェイとLoRaWAN端末を管理するアプリケーションの利用料6カ月分、6カ月間のサポート費用を加えて120万円となっている。アプリケーションサーバーの開発支援は個別見積もりで請け負う。


■リンク
KDDI

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...