[ニュース]

KDDI、LoRaWANの実証用ネットワークに向けたパッケージを提供へ

2016/12/27
(火)
SmartGridニューズレター編集部

KDDIは、IoT向け通信規格LoRaWANの実証用ネットワーク構築に向けたパッケージ「LoRa PoCキット」を発表した。

KDDIは2016年12月27日、IoT向け通信規格LoRaWANの実証用ネットワーク構築に向けたパッケージ「LoRa PoCキット」を発表した。2017年1月から提供開始の予定。このパッケージを使えば、自社で計画しているIoTサービスの通信のために利用するLoRaWANネットワークを短期間で構築できる。

このパッケージの利用を希望する企業から依頼を受けたら、KDDIはエンジニアを派遣して顧客が希望する場所にLoRaWANのゲートウェイを設置し、ゲートウェイをインターネットにつながるルーターとEthernetケーブルで接続する。このケーブルは顧客の要望に応じて設置場所を決められる。希望があれば地下を通すこともできる。

LoRaWANゲートウェイとつながるルーターは、KDDIのIoT向け無線通信サービス「KDDI IoT コネクト Air」を利用してインターネットに接続し、クラウド上にある管理サーバーと通信する。KDDI IoTコネクト Airは、ソラコムとKDDIが共同で開発した、IoT向けの低価格で利用できる通信サービスだ。

図 「LoRa PoCキット」を利用することで構築できるネットワークの構成

図 「LoRa PoCキット」を利用することで構築できるネットワークの構成

出所 KDDI

このパッケージを利用する企業は管理サーバーと接続したサーバーにアプリケーションを構築して、IoT向けサービスを構築することができる。KDDIはアプリケーションサーバーの開発も支援する。

パッケージの提供価格は120万円(税別)。LoRaWANゲートウェイ(屋内用、屋外用のいずれか1台)、LoRaWAN端末10台に加えて、KDDI IoTコネクト Airでインターネットに接続するルーター1台を提供する。これに、KDDI IoTコネクト Airの通信費6カ月分、LoRaWANゲートウェイとLoRaWAN端末を管理するアプリケーションの利用料6カ月分、6カ月間のサポート費用を加えて120万円となっている。アプリケーションサーバーの開発支援は個別見積もりで請け負う。


■リンク
KDDI

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...