[ニュース]

LoRaWANネットワークと、Azureのサービスを組み合せた実証環境提供サービスが始まる

2017/06/08
(木)
SmartGridニューズレター編集部

関西電力、ケイ・オプティコム、日本マイクロソフトの3社は、LoRaWANのネットワーク機器と携帯電話通信回線、Windows Azureのデータ分析サービスなどをセットで提供するサービスを7月から提供すると発表した。

関西電力、ケイ・オプティコム、日本マイクロソフトの3社は2017年6月7日、LoRaWANのネットワーク機器と携帯電話通信回線、Windows Azureのデータ分析サービスなどをセットで提供するサービスを7月から提供すると発表した。IoTのセンサー機器などを配置したシステムの導入を検討している企業の実証実験などの用途に向けて提供する。3社は今回提供するサービスを、IoTシステムの導入による効果を確認してもらうために、簡易な概念実証(Proof of Concept)の環境を提供するサービスとしている。

このサービスでは、LoRaWANの端末に取り付ける通信モジュールと、モジュールと通信する通信基地局をレンタルで提供する。通信基地局はケイ・オプティコムが提供するLTE/3G回線でMicrosoft Azureと通信する。LoRaWANネットワークの構築と、検証に必要なWindows Azureのサービスの設定はケイ・オプティコムが一括で担当する。ちなみに、今回提供するLoRaWANの通信機器は上りの通信だけでなく、下りの通信にも対応する。サーバー側からIoT端末を制御するような使い方も可能だ。

図 関西電力、ケイ・オプティコム、日本マイクロソフトの3社が提供する実証環境の構成

図 関西電力、ケイ・オプティコム、日本マイクロソフトの3社が提供する実証環境の構成

出所 日本マイクロソフト

LoRaWAN端末からデータを受け取るMicrosoft Azure側では、「Azure IoT Hub」を接続口として用意し、ストレージサービスや簡易なデータベースサービスでデータを蓄積し、「Power BI」などのサービスでデータの推移をグラフで表示するという用途を想定している。機械学習を利用した大量データの分析などを希望する場合は別料金となる。

3社によると、すでにこのサービスを利用して自社企画サービスの検証を予定している企業がある。1社目は岩谷産業で、LPガスメーターの遠隔検針とガス遮断弁の遠隔制御による業務効率向上効果を検証する。2社目は第一環境で、水道メーターのうち、人間が近寄ることが難しい位置にあるものを遠隔で検針するサービスを検証する。3社目はアドタイズで、ビル管理、メンテナンス業務の効率向上に役立てることを狙っているという。

このサービスはLoRaWANの通信端末と、通信基地局を借りることで利用できる。レンタル料金は通信端末が1台当たり月額1500円(税別:以下同様)で、通信基地局が1台当たり月額3万5000円。ケイ・オプティコムが提供するLTE/3G回線の利用料と、Microsoft Azureのサービス利用料は2つの機器のレンタル料に入っている。ただし、別途センサーを調達設置する費用や、通信基地局の工事費、Microsoft Azure上でのアプリケーション開発費は別途個別見積もりとなる。


■リンク
関西電力
ケイ・オプティコム
日本マイクロソフト

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...