[ニュース]

Aston Martin、2021年発表予定の高級電動SUVのイメージを公開

2018/05/11
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

イギリスAston Martinは、SUV型の高級電気自動車(EV)「Lagonda SUV」のイメージを発表し、2021年内に実車を発表する予定だと明かした。

イギリスAston Martinは2018年5月9日(イギリス時間)、SUV(Sports Utility Vehicle)型の高級電気自動車(EV)「Lagonda SUV」のイメージを発表し、2021年内に実車を発表する予定だと明かした。Aston Martinは2018年3月、「88th Geneva International Motor Show」(スイス・ジュネーブ)で、電気自動車(EV)のコンセプトカー「Lagonda Vision Concept」を発表し、「Lagonda」を同社の高級ゼロ・エミッション社のブランドとして展開していくとしていた(参考記事)。

図 Aston Martinが公開した「Lagonda SUV」のイメージ(手前)。奥は「Lagonda Vision Concept」のイメージ

図 Aston Martinが公開した「Lagonda SUV」のイメージ(手前)。奥は「Lagonda Vision Concept」のイメージ

出所 Aston Martin

Aston Martinは「Lagonda Vision Concept」を発表したときに、この車両を基にした高級EVの生産を2021年に開始すると予告していた。Lagondaブランドで初めて市場に登場する車両は、今回イメージを公開した「Lagonda SUV」となった。

4輪駆動であることを除けば、細かい仕様は明らかになっていない。ちなみにLagonda Vision Conceptは、4つのホイールそれぞれに必要なトルクを別々にかけられる予定だ。電源となる蓄電池には、全固体電池を搭載可能となっており、全固体電池を搭載すると満充電状態で400マイル(約646km)の連続走行が可能になる予定だ。また、身長2mの大人が4人乗って、全員が十分に足を伸ばせるほど広い室内空間を確保している。

Aston MartinのCEOを務めるAndy Palmer博士は「私たちはこの車両によって、20世紀に受け継いできた自動車づくりの伝統を捨て去り、21世紀に求められるものや顧客の希望に沿って自動車を作れるようになる」と、Aston Martin社内における、LagondaシリーズとLagonda SUVの存在の大きさを表現した。


■リンク
Aston Martin

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...