[ニュース]

Daimler、ドイツ国内のMercedes-Benzブランドの工場で電力による二酸化炭素排出をゼロに

2018/05/14
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Daimlerは、ドイツ国内にあるMercedes-Benzブランドの工場で2022年から電力による二酸化炭素排出をゼロにすると発表した。

Daimlerは2018年5月14日(中央ヨーロッパ時間)、ドイツ国内にあるMercedes-Benzブランドの工場で2022年から電力による二酸化炭素排出をゼロにすると発表した。現在、ドイツ国内のMercedes-Benzブランドの工場は、シュトゥットガルトのDaimler本社そばのウンターテュルクハイムに加えて、カーメンツ、ケレダ、ジンデルフィンゲン、ハンブルグ、ブレーメン、ベルリン、ラシュタットの合計8カ所にあり、それぞれが完成車、あるいは駆動部品を製造している。

図 Daimlerのハンブルグ工場。Mercedes-Benzブランドの車両に搭載する駆動部品を製造している

図 Daimlerのハンブルグ工場。Mercedes-Benzブランドの車両に搭載する駆動部品を製造している

出所 Daimler

現在、以上の8工場では電力会社から電力を購入しているほか、自家発電設備による電力も利用している。Daimlerの計画では、8カ所の工場に2022年から水力や風力など再生可能エネルギーで発電したと証明可能な電力を導入する。これで、8工場に必要な電力の3/4をまかない、残りの1/4は既設の高効率ガスコージェネレーションシステムで発電する。コージェネレーションシステムでは蒸気や熱水なども作り、CO2排出量を相殺するとしている。

そしてドイツ国内にあるMercedes-Benzの8工場は、すでにエネルギー節約に積極的に取り組んでいる。エネルギー管理システムを導入し、多様な尺度からエネルギー消費の場面を割り出し、休憩の間もエネルギー供給を止めるなどして、エネルギーを極力節約している。エネルギー節約についての従業員教育も実施しているという。

さらに、照明は消費電力量が少ないLEDに切り替え、ターボコンプレッサーを搭載した高効率な空調設備を導入している。ちなみにドイツの8工場はすべてエネルギー管理に関する国際標準である「ISO 50001」を取得しているという。

また、フランスのハンバッハにある「smart」ブランドの車両を製造する工場では、すでに再生可能エネルギーで発電した電力のみを使用しているという。そして、ハンガリーのケチケメートとポーランドのヤボルに新設しているMercedes-Benzの工場は、操業開始の時点からCO2ゼロの電力を使用するよう準備しているという。


■リンク
Daimler

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...