[ニュース]

Tesla、全世界に設置した定置型蓄電池の蓄電容量合計が1GWh超え

2018/06/05
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Teslaは、同社がこれまでに設置してきた定置型蓄電池の蓄電容量合計値が1GWh(100万kWh)を超えたと同社のTwiterアカウントで明らかにした。

Teslaは2018年6月5日(アメリカ西海岸時間)、同社がこれまでに設置してきた定置型蓄電池の蓄電容量合計値が1GWh(100万kWh)を超えたと同社のTwiterアカウントで明らかにした。2015年に定置型蓄電池「Powerwall」「Powerpack」を発表してから3年ほどでこの値に到達した。

図 TeslaによるTwitterへの投稿

出所 Tesla

昨年、Teslaは同社の大規模蓄電池「Powerpack 2」を世界中に売り込み、大規模な蓄電施設の建設にこぎつけている。2017年7月には、オーストラリアの南オーストラリア州に立地する風力発電所のそばにPowerpack 2を大量に設置している。合計出力は100MW(10万kW)で、蓄電容量合計は129MWh(12万9000kWh)にも上る規模だ(参考記事)。

図 南オーストラリア州の風力発電所のそばに設置したPowerpack 2

図 南オーストラリア州の風力発電所のそばに設置したPowerpack 2

出所 Tesla

また、2017年9月にプエルトリコを襲ったハリケーン“Maria”の被害者救済にもいち早く乗り出している。Mariaによって電力網が途切れ、電力が届かなくなった地域に太陽光発電モジュールと同社の定置型蓄電池を供給した。同社のCEOであるElon Musk氏は、プエルトリコに供給する蓄電池を生産する都合で、電動トレーラー「Tesla Semi」の発表が遅れると、同氏のTwitterアカウントに投稿している(参考記事)。

さらに、2017年5月にはバーモント州をサービスエリアとする電力事業者Green Mountain Powerと共同で、同州でVPP(Virtual Power Plant)サービスを開始している。VPP構築には家庭用定置型蓄電池Powerwall 2と、商業用大型定置型蓄電池Powerpack 2をサービスエリア内に設置する(参考記事)。

Powerwall 2やPowerpack 2が内蔵するリチウムイオン蓄電池セルは、Teslaがネバダ州スパークスに建設した巨大リチウムイオン蓄電池工場「Gigafactory」で、パナソニックが生産している。蓄電池の需要がこのまま上昇を続け、出荷台数が増加していけば、Gigafactoryで生産するリチウムイオン蓄電池セルに量産効果が生じ、価格がさらに下がるということも考えられる。そうなれば、定置型蓄電池だけでなく、電気自動車の価格も下がるかもしれない。


■リンク
Teslaのツイート

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...