[ニュース]

日立造船、国内最大の固体高分子型水素発生装置を開発―MW級の電力を水素に変換可能

2018/06/13
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

日立造船は、メガワット(MW)級の電力変換に対応する国内最大の固体高分子型水素発生装置を開発したと発表した。

日立造船は2018年6月13日、メガワット(MW)級の電力変換に対応する国内最大の固体高分子型水素発生装置を開発したと発表した。2018年度に実証実験を開始し、2019年度に販売開始を目指す。

図 日立造船が開発した国内最大の固体高分子形水素発生装置

図 日立造船が開発した国内最大の固体高分子形水素発生装置

出所 日立造船

電解装置の中心となる電解槽は、日立造船が開発してきた電解技術などを活用して大型化に成功した。電解装置の機器群はすべて40フィートコンテナに収め、容易に運搬できるようにした。このため、設置コストを低く抑えられるという。

水と電気を供給すれば、その場ですぐに水素を製造する。ガス改質などの前処理は必要ない。水素製造能力は1時間あたり200Nm3。これは国内最大の値になる。

日立造船は、この水素発生装置を風力や太陽光など天候によって発電量が大きく変化する再生可能エネルギー電源の電力負荷追従に活用できるとしており、その用途での活用を目指している。

今後は日立造船の柏工場で性能確認試験や耐久性試験などの実証運転を実施し、2019年度から本格的に発売する方針だ。また同社は産業界が排出するCO2を水素と反応させる「メタネーション」技術の開発にも取り組んでいるという。メタンはそのままの形で燃料として利用できるだけでなく、水素の貯蔵、運搬にも活用できる。特に、既存の都市ガス運搬網がすでにできあがっているため、水素の運搬にメタンを利用する方法は有力とする見方もある。

日立造船は今後も賽銭可能エネルギーを活用する技術の開発に取り組み、政府が掲げる再生可能エネルギー導入目標である2030年に22~24%の実現に貢献するとしている。


■リンク
日立造船

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...