[ニュース]

シャープ、インドネシアの複合競技施設にメガソーラーを建設―2国間クレジット制度を利用

2018/07/03
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

シャープは、子会社のシャープエネルギーソリューションがインドネシアの複合競技施設の敷地内にメガソーラーを建設したと発表した。

シャープは2018年7月2日、子会社のシャープエネルギーソリューションがインドネシアの複合競技施設「Jakabaring Sport City(ジャカバリンスポーツシティ)」の敷地内にメガソーラーを建設したと発表した。Jakabaring Sport Cityの所在地はインドネシア南西部の南スマトラ州パレンバン市。メガソーラーはすでに完成し、稼働している。

図 Jakabaring Sport Cityの敷地内に建設したメガソーラー

図 Jakabaring Sport Cityの敷地内に建設したメガソーラー

出所 シャープ

メガソーラーの出力は約1.6MW(1600kW)で、シャープは年間発電量を約1.922GWh(192万2000kW)と見積もっている。設備利用率を計算すると約13.7%となる。そして、このメガソーラーによって年間およそ917トンのCO2削減効果を期待できるという。

このメガソーラーは日本の環境省が実施している「二国間クレジット制度に基づく設備補助事業」の採択を受けて建設したもの。この事業は途上国で日本の技術を活用してCO2排出量削減に資する事業を実施すると、初期投資の2分の1を上限に補助金を支給するというもの。この事業によって実際に削減できたCO2排出量は、2国間クレジット制度によって、日本のCO2排出量削減分に算入する。


■リンク
シャープ

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...