[ニュース]

世界的大手石油商社Vitol、ヨーロッパで2億ユーロ規模の再エネ基金を設立

2018/07/18
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

スイスVitolと、イギリスLow Carbonは、再生可能エネルギーを利用した発電所の建設などに投資する基金「VLC Renewables」を設立したと発表した。

世界的大手石油商社であるスイスVitolと、イギリスで再生可能エネルギー関連の投資を手がけるLow Carbonは2018年7月17日(ヨーロッパ中央時間)、再生可能エネルギーを利用した発電所の建設などに投資する基金「VLC Renewables」を設立したと発表した。イギリス王室属領であるジャージー代官管轄区に基金の本部を置き、2億ユーロ(262億円:1ユーロ=131円で換算)から資金運用を始める。

図 VLC Renewablesのロゴマーク

図 VLC Renewablesのロゴマーク

出所 Vitol

投資対象は、ヨーロッパ圏内の再生可能エネルギーを利用する発電所。計画段階から参加することもあれば、建設段階、運用段階など、さまざまなタイミングで参加し、資金を投資するとしている。当面はヨーロッパの陸上、洋上の風力発電所に投資していく方針を示している。

Vitolの投資責任者であるSimon Hale氏は「2025年までにヨーロッパ全域で消費する電力のおよそ27%は、風力と太陽光で発電したものになる見込みだ。当社はヨーロッパのエネルギー市場でも有数の規模を誇る企業だ。そして、世界中でエネルギー関連設備に投資している。Vitolは既存事業を補完するために、再生可能エネルギー関連設備に投資していく」と、再エネ基金設立の動機について語った。

Vitolは年間におよそ3億9400万トンの原油や関連製品を販売しており、2017年の総売上高は約1810億ドル(20兆4530億円:1ドル=113円で換算)に上る。


■リンク
Vitol
Low Carbon

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...