[ニュース]

東北電力、2020年4月の送配電部門法的分離に向けて100%出資の準備会社を設立へ

2018/09/27
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

東北電力は、2020年4月1日に予定している自社の送配電部門の法的分離に向けて、分割準備会社を設立すると発表した。

東北電力は2018年7月31日、2020年4月1日に予定している自社の送配電部門の法的分離に向けて、分割準備会社を設立すると発表した。政府は2015年6月の改正電気事業法で、2020年4月から電力各社の送配電部門を法的に分離することを求めている。この法改正により、一般送配電事業者や送電事業者が小売電気事業や発電事業を兼業できなくなる。各社の送配電部門を中立なものとし、ほかの電気事業者も利用しやすくすることを狙っている。中国電力や、北海道電力など電力大手各社が法的分離に向けたスケジュールを発表している。

東北電力はすでに、法的分離に備えて送配電事業部門を「送配電カンパニー」として社内で分社化している。そして2019年4月には、分割準備会社を設立し、この会社との間で吸収分割契約を締結する。分割準備会社は分社化に先立って、各種事前準備を担当する。

その後、2019年6月の株主総会で吸収分割契約の承認を受けたら、2020年4月1日に吸収分割、新会社の営業開始となる。この会社は東北電力が100%出資で設立するもので、社名は「東北電力ネットワーク株式会社」となる。東北電力は発電と小売を担当しながら、東北電力ネットワークの持株会社としての役割も担うことになる。

図 東北電力が計画する送配電部門法的分離までの手順

図 東北電力が計画する送配電部門法的分離までの手順

出所 東北電力

東北電力ネットワークは、本社を東北電力と同じ場所に置き、現在東北電力が運営している一般送配電事業を手がける。加えて、離島においては発電事業も担当する。


■リンク
東北電力

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...