[ニュース]

東北電力など4社、仙台市のホテルでV2Gの実証実験を開始

2018/10/04
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

東北電力、日産自動車、三井物産、三菱地所の4社は、仙台市のホテルで電気自動車(EV)の蓄電池を電力系統に接続して充電だけでなく放電もするV2G(Vehicle to Grid)の実証実験を開始した。

東北電力、日産自動車、三井物産、三菱地所の4社は2018年10月4日、仙台市のホテルで電気自動車(EV)の蓄電池を電力系統に接続して充電だけでなく放電もするV2G(Vehicle to Grid)の実証実験を開始した。2019年3月31日まで続ける予定。

図 実験の場となる「仙台ロイヤルパークホテル」

図 実験の場となる「仙台ロイヤルパークホテル」

出所 東北電力

実験の場は「仙台ロイヤルパークホテル」(仙台市泉区)。ここの地下駐車場2台分を確保し、V2G対応充放電スタンドをそれぞれ設置する。実験に使う車両としては、日産自動車のEV「LEAF」(蓄電容量40kWh)を2台用意する。期間中、電気自動車の充放電を伴う実験を実施しない日は、ホテルの宿泊客などにLEAFをカーシェアリング車両として提供する。

充放電スタンドを遠隔監視、制御するシステムを新たに開発し、EVの充放電スタンドへの接続状況や蓄電池残量を把握し、EVの蓄電池への充放電を遠隔地から制御する。この実験で得た充放電量などのデータと、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー電源の過去の発電実績データを合わせてシミュレーションを実施する。これで、電気自動車の蓄電池が、気候や時間帯によって発電量が大きく変動する再生可能エネルギー電源に合わせた需給バランス調整に利用できるかを検証する。

図 EVの充放電スタンドを遠隔地から制御して、充放電量などのデータを収集する

図 EVの充放電スタンドを遠隔地から制御して、充放電量などのデータを収集する

出所 東北電力

V2Gの実証実験と、カーシェアリングサービスで得た蓄電池の使用状況やEVの利用状況などのデータは新事業や新たなサービスの開発のために活用するとしている。今回の実証実験は、経済産業省資源エネルギー庁の補助事業「平成30年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業(V2Gアグリゲーター事業)」の一環として実施する。


■リンク
東北電力
日産自動車
三井物産
三菱地所

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...