[ニュース]

中部電力、愛知県の渥美半島に風力発電所を建設へー2021年度に運転開始の予定

2018/12/12
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

中部電力は、愛知県の渥美火力発電所構内に風力発電所「渥美風力発電所(仮称)」を建設すると発表した。

中部電力は2018年12月11日、愛知県の渥美火力発電所構内に風力発電所「渥美風力発電所(仮称)」を建設すると発表した。所在地は愛知県田原市小中山町(たはらしこなかやまちよう)。渥美半島の先端付近だ。

図 風力発電所の建設予定地

図 風力発電所の建設予定地

出所 中部電力

新設の風力発電所には風力発電設備を2基設置し、合計最大出力を7.4MW(7400kW)とする予定。中部電力は年間発電量をおよそ19GWh(1900万kWh)と見積もっている。設備利用率は約29.3%となる計算だ。運転が始まったら年間で9000トンほどのCO2削減効果を見込めるという。

中部電力は今後、2019年度に準備工事を開始し、2020年度に着工、2021年度に運転開始の予定で、工事を進める。建設に当たっては、地元自治体、地域住民、関係者の理解を得て、協力を受けながら作業を進めるとしている。


■リンク
中部電力

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...