[ニュース]

パイナップル残渣でバイオガスを精製し発電、フィリピンで伊藤忠商事のグループ会社が実施

2018/12/14
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

伊藤忠商事は、同社のグループ会社であるフィリピンDole Philippinesが、フィリピンSurallah Biogas Venturesと16年間にわたる長期エネルギー売買契約を締結したと発表した。

伊藤忠商事は2018年12月13日、同社のグループ会社であるフィリピンDole Philippinesが、フィリピンSurallah Biogas Venturesと16年間にわたる長期エネルギー売買契約を締結したと発表した。Dole Philippinesは、果物の缶詰やジュースを製造販売している企業。ミンダナオ島にパイナップル農園を運営しており、ここで栽培したパイナップルを原料に商品を製造している。

図 Dole Philippinesがミンダナオ島で運営している農園で栽培しているバイナップル

図 Dole Philippinesがミンダナオ島で運営している農園で栽培しているバイナップル

出所 伊藤忠商事

Surallah Biogas Venturesは、食品残渣を原料としたバイオガス製造と、そのバイオガスを活用した発電に取り組んでいる。今回の契約では、Surallah Biogas VenturesがDole Philippinesから商品製造の過程で発生したパイナップル残渣の供給を受け、バイオガスを製造し発電する。そして発電した電力をDole Philippinesに供給する。

Surallah Biogas Venturesはバイオガス発電設備を建設し、2020年に運転を始める予定。Dole Philippinesへの電力供給は発電設備の運転開始以降となる。Dole Philippinesがパイナップル農園を運営しているミンダナオ島では電気料金が高騰しており、今回の契約で環境保護と、電力コスト削減を狙う。


■リンク
伊藤忠商事

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...