[ニュース]

東京電力ベンチャーズ、V2Bサービスを提供するアメリカのスタートアップに2億円超を出資

2019/01/18
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

東京電力ベンチャーズは、電気自動車(EV)をビル用の蓄電池として活用する「V2B(Vehicle to Building)」サービスを手がけるアメリカFermata Energyに250万ドルを出資すると発表した。

東京電力ベンチャーズは2019年1月15日、電気自動車(EV)をビル用の蓄電池として活用する「V2B(Vehicle to Building)」サービスを手がけるアメリカFermata Energyに250万ドル(2億7500万円:1ドル=110円で換算)を出資すると発表した。Fermata Energyは2013年創業のスタートアップ企業で、バージニア州シャーロッツビル市(Charlottesville)に本社を置いている。2016年にはすでにV2Bサービスを商用化しており、技術やノウハウを蓄積している。

図 V2Bシステムに接続しているEV

図 V2Bシステムに接続しているEV

出所 Fermata Energy

Fermata EnergyはV2Bシステムを活用して、ビルの電力消費量を監視しながら、デマンド(最大需要電力)が上昇しないようにEVに充電した電力を利用するDCM「Demand Charge Management」というサービスを提供している。デマンドを抑えることで、受電側は電力料金を節約でき、電力会社は需要がピークに達するときに用意しなければならない予備力を減らし、運用コストを下げることができる。

図 EVに充電した電力を利用してデマンドを抑える

図 EVに充電した電力を利用してデマンドを抑える

出所 東京電力ベンチャーズ

東京電力ベンチャーズは今回の出資を機に、Fermata Energyが持つV2Bに関する技術やノウハウを吸収し、東京電力グループが持つ送電系統に関する知見を組み合わせて、2020年代にはV2Bを利用したDCMサービスを欧米やアジア主要都市で提供することを目指す。


■リンク
東京電力ベンチャーズ
Fermata Energy

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...