[ニュース]

アメリカの自動運転スタートアップAurora Innovation、Amazonなど3社から583億ドルを調達

2019/02/08
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

アメリカAurora Innovationは、シリーズBラウンドで5億3000万ドルを調達したと発表した。

アメリカAurora Innovationは2019年2月7日(アメリカ太平洋標準時間)、シリーズBラウンドで5億3000万ドルを調達したと発表した。アメリカのベンチャーキャピタルであるSequoia Capitalが取りまとめ役となり、Amazonも共同で出資した。さらに、アメリカの資産運用会社であるT. Rowe Price Associatesの助言を受けたファンドなども出資した。

図 Aurora Innovationが開発した自動運転設備を搭載した自動車

図 Aurora Innovationが開発した自動運転設備を搭載した自動車

出所 Aurora Innovation

Aurora Innovationは2016年に、Chris Urmson氏(現Chief Product Officer)、Sterling Anderson氏(現Chief Product Officer)、Drew Bagnell氏(現Chief Technical Officer)が開設したスタートアップだ。Urmson氏はAlphabetで自動運転の技術責任者を務めた経験があり、Anderson氏はTeslaで「Model X」のデザインと開発を指揮した。Bagnell氏はカーネギーメロン大学ロボット工学研究所の准教授を務め、UberでAdvanced Technology Centerの開設に携わった経験を持つ。

本社はカリフォルニア州パロアルトに置き、ロボット工学や機械学習技術などを活用して自動運転技術の開発に取り組んでいる。同社は、自動運転技術は複雑なものであり、厳格なエンジニアリングと革新的な機械学習技術が必要であり、同社のチームはどちらにも熟達しているとしている。


■リンク
Aurora Innovation

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...