[ニュース]

関西電力、帝人子会社のタイ工場にコージェネレーションシステムを設置して熱と電力を供給

2019/02/21
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

関西電力は、同社の100%子会社であるKansai Energy Solutions(Thailand)が、帝人フロンティアの子会社であるTEIJIN(THAILAND)に熱と電力を供給する契約を締結したと発表した。

関西電力は2019年2月21日、同社の100%子会社であるKansai Energy Solutions(Thailand)が、帝人フロンティアの子会社であるTEIJIN(THAILAND)に熱と電力を供給する契約を締結したと発表した。Kansai Energy Solutions(Thailand)が、アユタヤ県バンパインにあるTEIJIN(THAILAND)のポリエステル工場の敷地内にガスコージェネレーションシステムを設置し、電力と発電時に発生する熱を合わせて工場に供給する。ガスコージェネレーションシステムの運用管理とメンテナンスは、運転開始後もKansai Energy Solutions(Thailand)が担当する。

図 ガスコージェネレーションシステムで発電した電力と、発電時に発生する熱を工場に供給する

図 ガスコージェネレーションシステムで発電した電力と、発電時に発生する熱を工場に供給する

出所 関西電力

新設するガスコージェネレーションシステムは、最大発電出力が約10MW(1万kW)で、最大熱出力が約4MW(4000kW)。1時間当たりおよそ5トンの蒸気を供給する能力があり、電気と熱を合わせた総合エネルギー効率は80%に達する。運転開始は2020年7月の予定で、それから15年間にわたって熱と電力の供給を続ける。

TEIJIN(THAILAND)は、今回の契約によってエネルギーコストの削減と、CO2排出量削減を狙っている。関西電力は、コージェネレーションシステムを利用することで、契約期間である15年間にCO2排出量を合計26万トンほど削減できると見込んでいる。

Kansai Energy Solutions(Thailand)は、海外事業拡大を狙う関西電力が2018年8月に設立したもので、関西電力にとって初めての海外子会社になるという。そして、今回のTEIJIN(THAILAND)との契約は、初めての熱電供給事業だとしている。


■リンク
関西電力
帝人

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...