[ニュース]

スウェーデンScania、北欧最大の路線バス業者と共同で自動運転バスの試験を実施へ

2019/02/22
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

スウェーデンScaniaは、スウェーデンの路線バス業者であるNobinaと共同で自動運転バスの試験を実施すると発表した。

スウェーデンScaniaは2019年2月20日(中央ヨーロッパ時間)、スウェーデンの路線バス業者であるNobinaと共同で自動運転バスの試験を実施すると発表した。Nobinaはスウェーデンだけでなく、デンマーク、フィンランド、ノルウェーでも路線バスを運行している北欧最大の路線バス業者だ。

図 Scaniaが開発中の自動運転電気バス

図 Scaniaが開発中の自動運転電気バス

出所 Scania

試験はストックホルム市街地と、新興住宅街として急成長しているバルカルビュー(Barkarby)を結ぶおよそ20kmの路線で実施する。およそ5kmの専用ルートを用意して、その区間に限って自動運転で運行する。自動運転区間には停留所が4つ存在する。

まずは乗客を乗せずに試験走行を繰り返し、その後に実際の営業路線で試験を実施する。自動運転中も、安全確保と乗客保護のため運転手が乗務する。営業路線での試験が始まったら、1日当たり300人ほどの乗客を自動運転で輸送することになる見込みだという。

Scaniaはこの試験のために、低床バス「Citywide LF」を基に、電動に改造して自動運転機能を持たせた車両を用意する。車両の全長は12mで、25の座席を備えており、最大で80人を輸送できる。

車両の開発はすでに始まっており、乗客を乗せない状態で実施する試験は2020年から開始する予定。試験中は平均速度、走行時間、走行性能、車線から外れたときの反応速度、乗客の感想などのデータを収集する。Scaniaは収集したデータを自動運転バスの量産に向けて活用するとしている。


■リンク
Scania
Nobina

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...