[ニュース]

スウェーデンScania、燃料電池を搭載したゴミ収集車を開発中と発表

2018/12/10
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

スウェーデンScaniaは、現地のゴミ処理業者であるRenovaや、燃料電池を開発製造しているPowerCell Swedenと共同で、燃料電池を搭載したゴミ収集車を開発していると発表した。

スウェーデンScaniaは2018年12月10日(中央ヨーロッパ時間)、現地のゴミ処理業者であるRenovaや、燃料電池を開発製造しているPowerCell Swedenと共同で、燃料電池を搭載したゴミ収集車を開発していると発表した。ScaniaはドイツVolkswagen Group傘下の企業で、トラックやバス、工業用ディーゼルエンジンなどを製造販売している。

図 Renovaが現在使用しているScania製のゴミ収集車

図 Renovaが現在使用しているScania製のゴミ収集車

出所 PowerCell Sweden

開発しているゴミ収集車は、車両の電源だけでなく、車両が搭載するゴミ格納設備の電源にも燃料電池を使用するという。今回の開発計画には、スウェーデンエネルギー庁(Swedish Energy Agency)が資金を提供しており、2019年末、あるいは2020年の年始に車両の運用が始まる予定だとしている。

ゴミ収集車は早朝に稼働するため、騒音を発生させない車両が望ましい。周辺環境を考えると排ガスの少ない方が良い。Renovaはかつて、電動のゴミ収集車を試したが、今回初めて、燃料電池を搭載したゴミ収集車の開発に乗り出した。

Renovaで技術開発を統括しているHans Zackrisson氏は「燃料電池はゴミ収集車のような商用の大型車両には魅力的な技術だ。排ガスを発生させないなどの電気自動車と同様の利点を持ちながら、荷物の積載量、航続距離、稼働時間はガソリン車と同様の性能を期待できる」と、ゴミ収集車に燃料電池を採用した理由を語っている。

Scaniaは以前、ノルウェーの食品卸売業者であるAskoと共同で燃料電池トラックを開発し、Askoに4台の車両を納車している。Askoは再生可能エネルギーを活用した水素ステーションを自身で建設し、燃料電池トラックを運用しているという。


■リンク
Scania
Renova
PowerCell Sweden

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...