[特別レポート]

欧州最大のエネルギー業界の展示会 European Utility Week 2014 注目企業レポート<後編>

2014/11/12
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2014年11月4から6日まで、オランダ・アムステルダムのRAI Convention Centreにおいて、欧州最大のエネルギー業界の展示会「European Utility Week 2014」が開催された。
ここでは、同展示会に出展していた注目企業の展示内容について紹介する。

■地図上でリアルタイムに送電網の状況を把握する「Venios Energy Solution」(VES)

ドイツのスタートアップ企業であるVenios(ヴェ二オス)社は、各家庭の電力負荷の情報と、位置情報(GIS:Geographic Information System)のデータを組み合わせることによって、送配電網の状態を可視化するサービスを提供している。
 
同サービスでは、各家庭からの自家発電や電力融通状況のデータを15分ごとに取得し、位置情報と組み合わせて地図上に表示する。
 
同社は、再生可能エネルギーや分散電源の増大によって、送配電網においては、従来の高圧配電から、中圧、低圧の送配電が重要になってくると見ている。このため、同システムを系統運用者やエネルギーインフラの開発企業に対して提供し、系統運用者などが、最適なタイミングや規模で、送電網のメンテナンスや拡張を行えるようにしたいとしている。
 
同社は、European Utility Week 2014に出展したスタートアップ企業の中で、優秀なサービスを選ぶInitiate Start Up Awardにおいて、グランプリに輝いた。
 
写真1 Venios Energy Solution(VES)の展示
 

■超音波でガスの用途と使用量を分析できる「Ultrasonic Measurement Technology」

Panasonicは、同社が開発している超音波式スマートガスメーターを実現するための技術である「Ultrasonic Measurement Technology」(超音波計測技術)を展示。
 
同技術は、同社の開発した「Ultrasonic Measurement Unit」と「Shut-off Valve」、「RF Board」などの製品によって構成されており、イタリアの2i Rete Gas社のスマートガスメーターに搭載されている。超音波を使用して、2秒ごとにガスメーター内のガスの流れを分析することで、例えば、「暖炉」「コンロ」「燃料電池」など、どの用途でどれだけのガスが使用されたかを分析し、可視化することが可能になっている。
 
写真2 Ultrasonic Measurement Technologyの仕組み
 

■街を1つの単位としてスマート化する「KNX City」ソリューション

KNX Associationは、ビルや家庭だけでなく、街自体をスマート化することを目標としたソリューション「KNX City」を紹介。
 
KNX AssociationのCTOであるJoost Demarest(ヨースト・デマレスト)氏への取材によると、KNXは、従来、ビルや家庭のスマート化を行うためのプロトコルとして認知されてきたが、「KNX City」ソリューションでは、ビルだけにとどまらず、電気自動車などのモビリティ(移動体)をはじめ、インフラ、マイクログリッドなどの発電設備もスマート化し、お互いを接続して管理することで、街全体を1つのグリッドとしてスマート化することを提案しているという(図1)。
 
これによって、例えば、グリッド内の発電設備の発電量が不足しそうな場合は、同じグリッド内にあるビルの電気使用量を下げ、電気料金の高騰を防ぐなどということも可能になる。このように、「KNX City」では、図2に示すように、ビルやそのほかの設備がそれぞれ個別にエネルギー管理を行うよりも、より大きな単位として、効率的なエネルギー管理を行うことが可能になる。
 
Joost Demarest氏による「KNX City」のさらに詳しい内容については、近日発売予定の『Smart Utility Week 2014報告書』(仮)にて解説する。ぜひ、そちらをご覧いただきたい。
 
写真3  KNX AssociationのCTO であるJoost Demarest氏
 
 
図1 KNX Cityの概念図
〔出所 KNX Association CTOのJoost Demarest氏資料より〕
 
図2 KNX Cityが可能にすること
※SGCP:Smart Grid Connection Point、スマートグリッドの境界線
M/441:Smart Metering、欧州(EU)におけるスマートメーターに関する指令
M/490: Smart Grid、欧州(EU)におけるスマートグリッドに関する指令
〔出所 KNX Association CTOのJoost Demarest氏資料より〕
 

■マルチ・ユーティリティ対応ソリューションの展示目立つ

エネルギー管理システムを開発しているItron(アイトロン)や、通信機器、スマートメーターの開発を行っているSagemcom(サジェムコム)などの各社では、電気メーターに加え、ガスメーター、水道メーターに関しても展示が行われていた。
 
また、これらのスマートメーターを実現する技術として、先に紹介したPanasonicのほかTI(Texas Instruments、テキサス・インスツルメンツ)でも、超音波でガスの流れや水の流れを測定する技術を開発しており、電気だけにとどまらないエネルギーインフラのスマート化は急速に進んでいる。
 
写真4 Itronのエネルギーの効率的、経済的利用を実現するソリューションの展示
 
写真5 SagemcomのEnd-to-End Multi-Energies Solution
 
写真6 Texas InstrumentsのUltrasonic Flow Meter(超音波ガス流量計)のデモ
 
なお、European Utility Week 2014のその他の展示内容については、『インプレスSmartGridニューズレター』2014年12月号(2014年11月30日発売)に掲載予定である。
ぜひ本誌をご覧いただきたい。
 
『インプレスSmartGridニューズレター』のご購読はこちらから
 
 
関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...