[市場動向]

世界のスマートメーター導入状況と各プレイヤーの現状

2012/11/01
(木)
新井 宏征 情報通信総合研究所(ICR)チーフコンサルタント

電力とICT(情報通信技術)を組み合わせ、電力の新しい使い方を実現するスマートグリッドは、関連する構成要素として、スマートメーターやHEMS(宅内エネルギー管理システム)/ BEMS(ビルエネルギー管理システム)、電気自動車、蓄電池、分散型電源など、さまざまなものが想定されている。このようにさまざまな側面から語り得るスマートグリッドだが、今回はその心臓部とも言えるスマートメーターに焦点をあて、世界における市場動向と企業動向を概観していく。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...