[特集]

次世代スマートメーターシステムの最新動向

― 電力DX/GXを加速! 標準仕様や新設IoTルートで新ビジネスが展開へ ―
2022/02/05
(土)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

2014年から導入が開始された現行スマートメーターが、まもなく「検定期間10年(期限は2024年まで)」(注1)を迎える。一方、電力分野では2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、再生可能エネルギー(以下、再エネ)の大量導入による脱炭素化への動きも加速している。
2020年9月以降、10年ぶりに再開された政府の「次世代スマートメーター制度検討会」では、再エネの主力電源化時代に向けた次世代のスマートメーター仕様の改訂作業が大詰めを迎えている。
ここでは、大阪大学大学院 工学研究科 招聘教授(ビジネスエンジニアリング専攻)/関西電力株式会社 ソリューション本部 シニアリサーチャーで、次世代スマートメーター制度検討会の委員でもある西村 陽(にしむら きよし)氏に取材した内容をもとに、現状のスマートメーター導入状況や、次世代スマートメーターシステムの新しい標準仕様の全体像を見ていく。さらに、今後想定される新しいビジネスモデルなどについても紹介していく。
次世代スマートメーターは、電力システムの「デジタル化」「脱炭素化」、すなわちDX・GX(注2)推進のキー・インフラとしても注目したい。

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...