[市場動向]

AMI分野のプレイヤー動向とPG&Eのケーススタディ

2013/02/01
(金)

2013年の年明け間もない1月3日、AMI(スマートメーターネットワーク基盤)関連の買収ニュースが飛び込んできた。AMI やMDM(メーターデータ管理)関連のソリューションを提供するAclara Technologies(アクララ・テクノロジーズ、以下Aclara)が、携帯電話網を使ってAMI の通信部分のソリューションを提供しているMetrum Technologies(メトラム・テクノロジーズ、以下Metrum)を買収すると発表した。このように、最近のスマートグリッド関連の企業動向を見ていると、AMI の通信部分のソリューションを巡る動きが活発になり始めている。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...