[クローズアップ]

PG&Eの自動デマンドレスポンス・インセンティブプログラムが間もなくスタート!

2013/09/01
(日)

去る7月30日、「Automated Demand Response (ADR) Vendor Update」と題するワークショップが、サンフランシスコのPG&E Energy Service Center において開催された。これは、カリフォルニア州の3大私営電力会社の1つであるPG&Eで来年度新たに開始される、OpenADR 2.0ベースの自動デマンドレスポンス(ADR)のインセンティブプログラム(参加奨励制度)のベンダ向け説明会であった。ここでは、今回ワークショップで説明されたPG&EのADRインセンティブプログラムの紹介とともに、このプログラムへの参加者向けにPG&Eが提供するDRプログラムの概要を説明し、さらに、PG&EがADRを実運用するにあたって非常に重要な役割を果たすDCT(DRAS Client Technician)について紹介する。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...