[トピックス]

マツダ、デンソー、トヨタが電気自動車(EV)の新会社を設立

2017/10/17
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

地球温暖化対策として2016年4月に発効された「パリ協定」を背景に、温室効果ガス(CO2)削減に向けた環境規制の強化が進み、電気自動車(EV)の販売を義務化する動きが活発化し、自動車会社各社のEVシフトが加速している。

 マツダとデンソー、トヨタ自動車の3社は、EVの基本構想に関する共同技術開発に向けた契約を締結し、技術開発を効率的に進めるために、2017年9月28日、新会社「EV C.A Spirit株式会社」(EV Common Architecture Spirit Co., 愛知県名古屋市)を設立した。

 すでに、英国とフランスの両政府は、2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売禁止を決めているが、これに呼応して、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)やスウェーデンのボルボなどは、次々とEVシフトを発表している。

 また、世界の2大市場といわれている中国(BYD)や米国(テスラ、フォードなど)も、積極的にEVシフトを加速している。さらに、仏ルノー、日産自動車、三菱自動車の3社連合も、EVや自動運転車などを含む新6カ年計画「アライアンス2022」を、2017年9月15日に発表している。

 新会社では、軽自動車から乗用車、スポーツ用多目的車(SUV)、小型トラックまでの幅広い車種群をスコープとし、マツダの‘一括企画’や‘モデルベース開発’、デンソーの‘エレクトロニクス技術’、トヨタの‘TNGA’(Toyota New Global Architecture)など、各社の強みをもち寄り、開発手法も含めて共同開発する。

図 EV C.A Spirit株式会社の組織構成(イメージ)

図 EV C.A Spirit株式会社の組織構成(イメージ)

出所 http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/18839949/

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...