[連載]

社会変革が起こる?データ活用とビジネスの新たな可能性を秘めたブロックチェーン基礎講座

― 第1回 ブロックチェーンが注目される理由と特長、そしてメリットとは? ―
2017/11/09
(木)
工藤 淳 フリーライター

現在、クラウドやIoT、AIと並んでホットなキーワードの1つに「ブロックチェーン」がある。日本語では「分散型台帳技術」などと呼ばれ、ネットワーク上の仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」を支える技術としても知られている。最近ではこうした仮想通貨だけでなく、ネットワーク上でのファイナンスや資産取引、さらには「再生可能エネルギー+蓄電池」の電力供給においても、さまざまな分野への活用の可能性を探る実証実験が各地で行われるようになってきた。
こうした注目の背景には、高度な情報セキュリティと可用性(注1)を簡単に実現できる、ブロックチェーンならではの特性があり、今後のIoT社会に貢献できる可能性が大いに秘められているといえよう。
ブロックチェーンとは何か、インフォテリア株式会社 ブロックチェーン事業推進室 副室長 ストラテジストの森 一弥氏への取材をもとに、今回から3回連続で、その基本的な仕組みや特長について解説していく。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...