[特別レポート]

急速に普及する産業向け国際標準「OPC UA」

― Industrie 4.0規格に採用され、次世代の高速通信規格「TSN」(IEEE 802.1)にも対応 ―
2018/01/01
(月)
三橋 昭和 インプレスSmartGridニューズレター編集部

2018年も第4次産業革命は引き続き注目のテーマである。ドイツのIndustrie 4.0をはじめ米国のIIC、日本のIVI、中国製造2025など、次世代工場に向けた国家プロジェクトが活況を呈している。そのなかで、Industrie 4.0の参照モデルであるRAMIモデルに、OPC UA(UPC統一アーキテクチャ)仕様が採用された(2015年4月)こともあり、OPC UAが第4次産業革命を実現するキーテクノロジーとして急速に脚光を浴びている。すでにOPC関連の市場には、全世界4,200社を超えるサプライヤーから、35,000種類以上の異なるOPC製品が提供され、1,700万件を超えるアプリケーションで使用されるなど、まさにマンモス市場を形成している。ここでは、SCF2017(注1)で行われた、株式会社たけびし 技術本部 オリジナル商品開発課 主事岸本 嘉人(きしもと よしと)氏のセミナーをもとに、次世代バージョンへ向けてなお進化・発展を続けるOPC UAの最新動向を解説する。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...