[特別レポート]

クラウドによる一極集中の限界を打破するエッジ/フォグコンピューティング

― ETSI MECと連携し、IEEE P1934で標準化へ ―
2018/02/07
(水)
三橋 昭和 インプレスSmartGridニューズレター編集部

大量のIoTセンサーデバイスや機器がネットワークに接続されるIoT時代に、電気やガスなどのエネルギー管理をはじめ、スマート工場(第4次産業革命)やスマートシティを実現するためのキーテクノロジーとして、エッジコンピューティングやフォグコンピューティングが登場し、その普及が加速している。
エッジ/フォグコンピューティングは、従来のように、データをクラウドに一極集中して処理する限界を打破するための分散処理技術である。これらの分散処理型のエッジあるいはフォグは、どのような機能や役割をもち、両者はどこが違うのだろうか。また、集中処理型のクラウドコンピューティングとどのように連携してIoTシステムを実現するのだろうか。ここでは、階層的なフォグノードの構成やユースケース、応用事例、標準化の動向について、シスコシステムズ合同会社 イノベーションセンター センター長 今井 俊宏(いまい としひろ)氏への取材をもとに解説する。

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...