[加速する電気自動車(EV)と電力システムの融合]

加速する電気自動車(EV)と電力システムの融合《後編》

― 「EVプロシューマ参加型」電力調整市場への可能性 ―
2018/06/01
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

パリ協定(COP21、2015年)以降、世界各国の政府による電気自動車(EV:Electric Vehicle)への取り組みが活発化し、まさに「100年に1度の大革命」ともいわれる、自動車産業のEVシフトが加速している。この流れの中で、EVと電力システムを融合させた、次世代電力システムの新しい流れが見えてきた。
前編(2018年5月号)では、政府がスタートさせた「自動車新時代戦略会議」、加速するEVの普及台数や低価格化・大容量化が進むEV用蓄電池、ブロックチェーンによるP2P電力取引システムやVPP(仮想発電所)の動向、などについて解説した。後編では、先行してP2P電力取引を活発化させているドイツや英国など海外の状況を見ながら、新しく登場したP2P電力取引システムのプラットフォームを紹介する。さらに、日本の具体的な動きも紹介する。最後に、東京都市大学が取り組んでいる、具体的なEVと電力システムの融合に向けたキャンパス実証プロジェクトの先進的な展開を見ていく。
本記事は前編に続き、東京都市大学 工学部 電気電子工学科 准教授 太田 豊(おおた ゆたか)氏への取材をベースにレポートする。

関連記事
新刊情報
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...