[トピックス]

北陸電力のスマートメーター用通信システムでガス遠隔検診/駐車場予約管理サービスを実証試験

2018/10/01
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

北陸電力と東洋ガスメーター、日本エレクトロニクス(NES)の3社は、北陸電力が保有するスマートメーター用通信システムを活用した実証環境を構築し、IoT技術を活用して、2018年9月6日から、ガス遠隔検診サービス(東洋ガスメーターと連携)および駐車場予約管理サービス(NESと連携)の実証試験を開始した。

 北陸電力と東洋ガスメーター、日本エレクトロニクス(NES)の3社は、北陸電力が保有するスマートメーター用通信システムを活用した実証環境を構築し、IoT技術を活用して、2018年9月6日から、ガス遠隔検診サービス(東洋ガスメーターと連携)および駐車場予約管理サービス(NESと連携)の実証試験を開始した(図、表参照)。

図 実証実験(屋外検証)のシステム構成イメージ

図 実証実験(屋外検証)のシステム構成イメージ

出所 http://www.rikuden.co.jp/press/attach/18090601.pdf

表 実証試験の内容

表 実証試験の内容

出所 http://www.rikuden.co.jp/press/attach/18090601.pdf

 実証試験では、スマートメーター用通信システムと接続可能な無線通信端末を使って、無線通信端末などの動作検証(電波伝搬試験やシステム接続性試験など)を行う。屋内実証試験で検証を行った後、2018年12月から、屋外の実運用設備で北陸特有の気候におけるガス遠隔検診サービスや駐車場予約管理サービスへの適用についての検証を行い、2020年度内のサービス提供開始を目指す。

 スマートメーターを活用した各種サービスが期待されているが、いよいよ本格始動のフェーズに入った。

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...