[直流時代の到来!]

直流時代の到来!<前編>さくらインターネットの直流給電システム(HVDC)

― 北海道胆振(いぶり)東部地震のブラックアウトにも60時間稼働し続けた「北海道・石狩データセンター」の教訓 ―
2019/07/01
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

2019年5月20日〜23日の4日間、島根県松江市のくにびきメッセ会場で、世界26カ国から270名が参加して、第3回IEEE ICDCM 2019(注1)〔直流マイクログリッド国際会議 2019、主催:IEEE PELS(パワーエレクトロニクスソサイアティ)〕が開催された。
ここでは、同会議でキーノートスピーチを行った、さくらインターネット株式会社 代表取締役社長 田中 邦裕氏の講演内容を紹介する。田中氏は、北海道胆振(いぶり)東部地震(2018年9月6日、震度7)(注2)によるブラックアウト(大規模停電)時にも、奇跡的に60時間稼働し続けた同社の「北海道・石狩データセンター」(注3)の直流給電システムを、世界の参加者にアピールした。

さくらインターネットのプロフィール

写真1 さくらインターネット株式会社
代表取締役社長/最高経営責任者
田中 邦裕氏

写真1 さくらインターネット株式会社 代表取締役社長/最高経営責任者 田中 邦裕氏

出所 編集部撮影

 さくらインターネットは、23年前の1996年12月23日に、学生ベンチャーとして、当時18歳だった現社長の田中 邦裕氏(写真1)によって起業された(表1)。

 当初は、レンタルサーバビジネスが中心であったが、その後事業を拡大し、総合的なデータセンター事業やインターネットサービス事業を展開している。

 現在、約700人の従業員を擁し、東京証券取引所市場第一部(東証一部:2015年11月)に上場している先進的な企業だ(会社設立は1999年8月17日)。

表1 さくらインターネットのプロフィール(敬称略)

表1 さくらインターネットのプロフィール(敬称略)

出所 https://www.sakura.ad.jp/corporate/corp/profile.htmlをもとに編集部作成

2つのデータセンタービジネスを展開

〔1〕ホスティングサービスとコロケーションサービス

 データセンタービジネスは、サーバをコンテンツ提供事業者(コンテンツプロバイダ)などに提供し、その使用料をコンテンツ事業者などから得るビジネスである(図1)。そのサービスは、大きくホスティングサービス(Hosting Service)とコロケーションサービス(Colocation Service)の2つに分けられる(図2)。

図1 企業ビジネスにおけるデータセンターの役割

図1 企業ビジネスにおけるデータセンターの役割

出所 田中 邦裕、「第3回 IEEE ICDCM(国際直流会議)」(Plenary/ Keynote Speech)講演資料より、2019年5月21日、編集部撮影

図2 データセンターにおける2つのサービス(左はホスティングサービス、右はコロケーションサービス)

図2 データセンターにおける2つのサービス(左はホスティングサービス、右はコロケーションサービス)

VPS:Virtual Private Server、仮想専用サーバ。物理的なサーバにインストールされているOS(ホストOS)の上に、各ユーザー用の仮想サーバが割り当てられ、各ユーザーはその仮想サーバを専有して使用できる。
出所 田中 邦裕、「第3回 IEEE ICDCM(国際直流会議)」(Plenary/ Keynote Speech)講演資料より、2019年5月21日、編集部撮影

  1. ホスティングサービスとは、さくらインターネットのようなデータセンター事業者がサーバ群などの必要な機材を用意して、顧客(ユーザー企業)に利用してもらうサービスである。最近は、クラウドサービスあるいはIaaS注4とも呼ばれている。
  2. コロケーションサービスとは、顧客が所有するサーバの設置スペースを用意し、ラック(サーバやネットワーク機器などを格納するデータセンター内の棚)や電力設備、空調設備を完備して顧客に利用してもらうサービスである。さらに、サーバの保守・管理までも請け負う。

〔2〕企業戦略上重要なホスティングサービス

 さくらインターネットの特徴は、コロケーションサービスよりもホスティングサービスのほうが圧倒的に売り上げが大きいことだ。ホスティングサービスの場合は、サーバや各ファシリティ(電力設備、空調設備など)のすべてを、同社がアセット(資産)として保有している。

 このため、データセンターにおける電源の仕組みを含めて、すべて自社(さくらインターネット)で管理や運営ができ、コントロールできる点が重要な戦略上のポイントとなっている。


▼ 注1
The 3rd IEEE International Conference on DC Microgrids。概要は「インプレスSmartGridフォーラム」を参照。

▼ 注2
北海道胆振(いぶり)東部地震:2018年9月6日午前3時7分に発生したマグニチュード6.7〔震度7:北海道厚真町(あつまちょう)〕の地震。2011年3月11日の東日本大震災(M9.0)の際は、宮城県栗原市で震度7を記録した。北海道胆振東部地震によって、北海道全域の約295万戸がブラックアウト(大規模停電)し、多大な被害をもたらした。詳しくは、本誌2018年10月号、12月号および2019年2月号を参照。

▼ 注3
データセンター:Data Center。略して「DC」ともいわれる。企業などのホームページや動画などのような、インターネットから閲覧できるコンテンツデータは、「サーバ」と呼ばれるコンピュータで管理・発信されている。このサーバを設置・管理することに特化した施設を「データセンター」と呼ぶ。

▼ 注4
IaaS:Infrastructure as a Service。インターネットに接続されたサーバやCPU、メモリ、ストレージなどのITインフラを提供する基盤。最近ではクラウドサービスのことをいう。利用状況に応じた課金サービスもある。以前はホスティングサーバあるいはレンタルサーバとも呼ばれていた。

ページ

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...