[5Gセキュリティの最新動向]

5Gセキュリティの最新動向<その2>ITU-T SG17における5Gセキュリティの展開

― SDN/NFV対応の新セキュリティ方式「SDSec」を策定へ ―
2019/09/11
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

5Gセキュリティについては、国際標準機関であるITU-TのSG17(Study Group 17、第17研究委員会。担当:セキュリティ)でも議論が重ねられている。
TTC セキュリティ専門委員会 委員長およびITU-T SG17副議長を務める、三宅 優(みやけ ゆたか)氏(写真、株式会社KDDI総合研究所 スマートセキュリティグループ グループリーダー)は、2019年6月17日、「ITU-T SG17での5Gセキュリティの議論」についての講演を行い、ITU-T SG17のWP1(Telecom/ ICT security)内での検討状況について紹介した。
なお、ITU-Tに対する日本からの5Gセキュリティに関する提案や対処方針などの技術的な中身の検討は、2011年12月に設立された「TTC セキュリティ専門委員会」で行われている。この専門委員会は、2018年9月に設立された「5GMF(第5世代モバイル推進フォーラム)」のセキュリティ検討アドホック(特別委員会)とも連携して活動している。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...