[ニュース]

ITU-T、「スマートシティ/スマートコミュニティにおけるIoT技術とアプリケーションの標準化を目指す研究委員会」を設立

2015/06/10
(水)
2015年6月10日、電気通信ネットワークの国際標準化組織であるITU(International Telecommunication Union、国際電気通信連合)の下部組織であるITU-T(ITU電気通信標準化部門)は、「スマートシティ/スマートコミュニティにおけるIoT技術とアプリケーションの標準化を目指す研究委員会」(ITU-T Study Group 20)を設立したと発表した。
 
同委員会では、現状、産業界において垂直統合型となっているIoTアプリケーションを水平方向展開し、データを共有できるようなプラットフォーム作りを最重要課題として進めていく。
 
■リンク
関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...